キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

愛こそ全て2

6月にミニセッションを行った、
保護猫CafeMiysisさんの

Eさんと愛猫のミィーちゃん。

 

彼女から、大好きなお父さん、Eさんの優しいお人柄を

たくさん聞かせてもらったので、それだけは急いで
「愛こそすべて」と
して記事にしました。

まだの方は、こちらのリンクからご覧ください。

http://kikinotable.jugem.jp/?eid=750

 

続きで、優しいお父さんに保護されるまで日々を書くつもりでしたが、
バタバタして、そのままになってしまいました。

 

2か月近く空いてしまいましたが、
ミィーちゃんが語った、大好きなお父さんに保護されるまで、
どんな生活を送って来たかを…今日は記していきます。

添付写真2枚は、どちらもミィーちゃんです。この写真をみただけで、
彼女がどういう外猫生活を送って来たか、なんとなく想像つくと思いますが…

 

ミィーちゃんは、川崎の某地域にあるEさんの職場付近に、突然現れました。
Eさんの会社付近は外猫が多く、そのほとんどが心ない人間に
遺棄され繁殖した猫たちです。Eさんや何人かのどうぶつ好きが、
そういう猫たちを気の毒に思い、ご飯をあげ、不妊手術をしているのでした。

ミィーちゃんは、ここら辺に見ない顔でした。
それがある日、突然現れたのですから、多分捨てられたのだと思うと…で
も、どういう経緯でここへ来たかを、詳しく知りたいと、Eさんは思うのでした。

 

今は毎日、世界一可愛いなどと絶賛されているミィーちゃん
過去のことを聞くのは、追従体験で辛い過去を思い出すことにもなるので、慎
重になるものですが、今が幸せなミィーちゃん。
実に軽やかな口調で、スラスラと教えてくれました。

 

「あのね、最初は、お父さんの会社から少し離れた場所に猫がたくさん集まる所があって…
私は、そこでご飯貰っていたのだけれど、時にありつけないこともあってお腹空かせていたの。
そうしたら、そこで仲良くなった猫に、ここにくればご飯貰えるっていう場所を、
何か所か教えてもらったの(教えてくれたのは、白にマロ模様の大きな雄猫。
もう1頭、キジ柄の小さな猫とも友達になった)その話を聞いて、ここにやってきたら、
お父さんがご飯くれて、何回目かで、捕獲器っていうので、捕まってあげたのよ」

捕まってあげたというのは、プライドの高い雌猫が良く言う文言です、

「あら、捕まってくれたのね!」と、私は賞賛するような口調で返事をしました。
「じゃあ、その前はどうしていたの?ずっと外で生きてきたの?それとも人間と暮らしていたの?」

ミィーちゃんは、ツンとした口調で言いました。

「お父さんに捕まる前の年の冬に、捨てられた」

言葉を発すると同時に、映像が観えてきました。
30少し前の、若いカップル。住んでいるのは、アパートの
1階。
外猫だったミィーちゃん(まだ幼い感じ)にご飯をあげると、
そのうち尋ねてくるようになり、アパート前で待つようになり、
窓から出入りするようになった。寒い時など部屋に泊っていく時もあった。
そんな風に、ゆるい感じで一緒に暮らしていたが、
やがて、部屋を引き払うことになった。

ミィーちゃんを連れて行けず、(そこまでゆとりがない感じ)かといって、
このままここに置いて行くと、次の入居者か不動産屋に、猫が部屋に出入りしていたとばれてしまう。

以前から、捨て猫がたくさんいるという場所を聞いていた。そこに置いてくれば、
食うには困らないだろう!ということになって、スポーツバックのような黒い袋にミィーちゃんを入れ、
自転車かバイクで捨てに行った。(自転車で
20分くらい)

 

ミニセッション当日、ミィーちゃんが語った小さなキジ猫が実在していたことを知り、
胸が痛くなりました。なぜなら、その子はもう生きていないと感じるからです。

ミィーちゃんのように「捨てられて良かった!」と言えるほど幸せになる子たちは、
本当に稀な、ごく一部の猫だけです。

捨てた人間は、どうぶつ達が、ここまで鮮明にその状況を語る能力
、感情があると知ったらどう思うのでしょうか・・・聞いてみたいものです。

 

次回は、ミィーちゃんと同居するマー君の実例をご紹介します。

この子は可愛がられていたのですが、海外勤務で、どうしても連れて行けない

事情があって、泣く泣く手放された猫君です。ラグドールの大きな男子。

ミィーちゃんは、彼のことどう思っているかと聞かれ、こう答えています。

「あのねー、あの子身体が大きくて、のんびりして良い猫なのだけれど…
時々、おバカさんなんじゃないかって思うことが多くて
(外に居たボス猫たちと比べると余計そう思う)猫としては、
半人前だと思うの。だから私、時に厳しく躾けているのだけれど、あまり聞いてない風なのよ」

 

ミィーちゃんから半人前と言われてしまったマー君の実例は、次回記します。
とても対照的な
2頭で、同居猫としての相性はバッチリでした。

 

保護猫CafeMiysisの次回ミニセッションは9月15日です。

お席まだあります!お問い合わせ・お申込みははこちらから

http://kikinotable.com/?page_id=38

 

「CafeMiysisミニセッション」の件名でお願いいたします。

***********************************************************************

保護される前

 

 

 

  • 2018.08.07 Tuesday
  • 00:14

🐾茶トラチビの里親様、大募集いたします🐾

7月中旬に保護した、茶トラ男子(生後3か月)
里親様、絶賛大募集いたします。

(関東圏の方)

 

この記事はシェアのご協力大歓迎です。

どうぞ皆様、よろしくお願いいたします。

 

★保護した経緯

私がご飯をあげている近所の餌場に、1頭で現れ、
大人猫の
ご飯の残りを食べていた。
こんな猛暑の中、2か月の仔猫1頭では

死んでしまうと思い、保護しました。

 

★性格

当初は、人を怖がり全身での抵抗がすさまじかったのですが、

今はすっかり慣れました。とても賢く、非常に可愛いBoyです。

抱っこしただけで、ヘリコプター並みに喉を鳴らして喜びます。

甘噛みして甘え、私の毛繕いもしようとします。

活発ですが、気性は穏やか優しい子だと思います。

大人猫との接し方はとても上手で、とにかく遊び好きです。

 

★容姿

猫の中でも、一番甘えん坊で可愛いと言われている、
全身茶トラです。

尾はすらりと長いです。お顔は、丸顔というより
シャム風に近い感じですが、

目は垂れ目です。

 

★医療処置

検便2回、駆虫済み。(回虫・コクシ)

白血・エイズ陰性。

 

猫風邪(鼻気菅炎)の軽い症状が中々取れず、8月3日現在抗生物質を飲ませています。
治り次第、3種混合ワクチン接種いたします。

去勢手術はまだですが、お渡し時期によっては、私の方で行います。

(かかった医療費のワクチン代等は、譲渡時ご負担お願いしています)

 

我が家のドンともすぐに仲良くなって、毎日楽しくプロレスごっこをしています。
できれば若い先住猫(5〜6歳以下)がいて、一緒に遊べるお宅か、
お友達猫のお迎えを検討していただけるお宅を、希望します。

 

可愛くて賢くて、とっても良い子です💖

 

お問い合わせは「チビのママ希望」で
こちらまでお願いいたします。

http://kikinotable.com/?page_id=38

 

*今までの猫歴 

*年齢 家族構成 

*先住猫さんの有無を明記の上、

お問合せ下さいませ。

 

完全室内飼育で、終生家族の一員として大事にしてくださる方の

ご応募、心からお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2018.08.03 Friday
  • 16:58

🐾セッションご予約状況とお願いごと🐾

★セッションご依頼に関して

8月なりました。
今月のご予約状況を、お知らせいたします。

1日現在、お申込み後の最短ご報告は、
8月21日となります。

 

急なセッションご依頼に、お応えできない状況が続いております。

私自身は、添付写真の猫のように(^^;)、

かなり必死で頑張っております。

 

★お問い合わせについて

ご依頼前に、Q&Aのコーナーをお読みいただくようお願いいたします。

Q&Aに書かれていないご質問への回答は、3回以内とさせていただきます。

経験上、それ以上の回数ご質問なさる方は、セッションを受けることに強い

懸念や迷いをお持ちの方が多く…その懸念や迷いは、セッションの結果を、
ご報告する中で払しょくしていただく。

それしか、私の方では対応できないという考えにいたりました。

 

また時々、セッションとは直接関係ないお問合せをいただくことも

増えてきました。

 

たとえば先日は、某コミュニケーターが書いた著作物を読んだ。

それに対して、自分は〇〇だと思うが、あなた(私前田)の考えや見解を聞きたい…
というようなお問合せをいただきました。

 

大変申し訳ありませんが、上記のようなお問い合わせには

お答えいたしかねますので、ご了承くださいませ。

 

誰にアニマルコミュニケーションを習ったらいいか…

というお問い合わせや、教えてほしいというお問い合わせもいただきます。

 

誰に習ったらいいかは、ご質問者の意識のありよう、性格、資質等、

ご質問者自身を直接知らないと、お答えしようがないと思っています。

そして私自身は、セッションを日々、丁寧に丁重に行っていく、

そのことでいっぱいの状態です。

今は、どうぶつたちの通訳だけに徹していきたいと考えています。

なので、人様にお教えする考えはもっていません。

 

勝手なお願いばかりで申し訳ありませんが、どうか

ご理解・ご了承いただきますようお願いいたします<m(__)m>

 

 

 

  • 2018.08.01 Wednesday
  • 22:56

<< | 2/244PAGES | >>