キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

泣く犬 ちくわ君の実例

犬が泣くと聞いて、「そんなばかな!」と思うのは、
犬と暮らしたことがなければ、当然かもしれません。

でも犬と暮らして、犬が大好きでも、信じられない人は
まだたくさんいることでしょう。

 

私は過去に、泣くどうぶつのセッションを3回したことがあります。

アニマルコミュニケーションをする前に、獣医師の診察を受けた
どうぶつ達、つまり、肉体の機能的には何の問題もない。
でも実際涙が流れるので、要観察としか言いようがないケースの子たちです。
そして今回のちくわ君も、全く同じケースです。

 
今犬と暮らす人も、暮らしたことがない人も…
どうぶつが、私達人間と同じように泣くことを、
今日は知っていただきたいと思います。

 

セッションの申し込みに書かれていた質問から、ご紹介します。

 

「ちくわは、毎晩涙をポタポタ垂らしながら泣きます。預かり始めて、
数日してから気付きましたが、同じタイミング、同じ光景で泣くので、気持ちを共感し、
どうしたらいいのかアドバイスを頂きたいのです。

泣くのは、夕方から夜で、撫でられている時もしくは、
お腹の上に乗っている時です」

 

ここからは、泣くことの背景、ちくわ君がS家(保護した動物を、里親さんが見つかるまで
預かってお世話する。預かりと言います)に来た経緯をご説明します。

 

ちくわ君は、1人暮らしの男性が家族でした。その人が亡くなって
(事故死か病死かは不明)母親が部屋に入った際、

ちくわ君が居るのに気がついたというのです。

(かなりの日数、独りで放置されていた)

 

その時点で、全く触れないほどの咬み犬でした。
そばを通っただけで、咬んでくるというのです。

年老いた自分では面倒をみれないと、相談がありました。

最初に彼を迎えてくれたヒデさんを通して、ちくわ君はS家にやってきたのでした。

ヒデさんのお店(美容室)では、本気咬みしていたちくわ君でしたが、
S家に来てから、ぐっと堪えることができるようになってきたというのですが、
セッションは、なぜ彼が咬むようになってしまったのか…その点も、リーディングしました。

 

今回は、とても根が深い感情を感じたのと、今までの経緯を知ることができないため、
私以外のコミュニケーターにもお願いしました。

 

それぞれがSさんからの情報だけでリーディングし、結果は、お互い終わってから突き合わせる。
そうやって、より精度を上げたい狙いがありましたが、私達の願い通り、結果はほぼ一致しました。

 

独り暮らしという男性(以下お父さん)の他に、女性の存在があること。
女性がちくわ君を連れて来たか、置いて行った可能性が高い。お父さんは、悪い人ではないが、
帰りが遅い。いつ帰ってくるかわからない。(2〜3日帰ってこないことも少なくない)

ちくわ君は、不安定な生活と淋しさから、自分の方に注意を引こうとして咬むようになる。

つまり、先天的血統的な異常や病気から、咬むようになったわけではないことがわかりました。
鳴いたり、甘えたり、後追いもしたのでしょうが、通じない、わかってもらえなかったわけです。

 

不安や淋しさのストレスが極限だった場合、犬に残された次の手段、
もう一段強い訴えは、口を使う咬むこと以外、ありません。

甘噛みで注意を引いたり訴えていたものが、わかってもらえず…
淋しさや不安の気持ちは、やがて悲しみや恐怖となって、固定化してしまいました。

悲しみや恐怖が固定化されると、咬む行為も甘噛みなどではなく、
強いものに変化していったのです。

 

他に観えたのは、乱暴な子供のいる家に預けられていること。
悪気はなくとも、お父さんは物に八つ当たりする人だったようで、
ちくわ君はそのトバッチリも受けたようです。

(虐待などは全く感じません。ご本人は、可愛がっていたと言うのでしょう。

でも、不安定でいつも淋しい思いをさせていたことは確かです)

ストレスを受け続けていたちくわ君は、やがて咬む行為で、
自分の身を護るようにもなりました。咬むことは、身を護る最強の手段にもなっていったのです。

 

実際Sさんから聞いた咬むタイミングは、ちくわ君が耐えてきた辛い生活を、
そのまま物語っていました。

 

Sさんが帰宅して、オヤツやご飯を貰う時…自分の順番が待てず、
また興奮から我を忘れて咬んでしまう。

抱き寄せようとする時…何をされるかわからない恐怖から、咬んでしまう。

(でも、撫ぜてほしくて手を自分の方へ引き寄せるそうです)

Sさんが仕事に行くため、留守番をさせる部屋に移動する時…また置いて行かれる、
帰ってこなかったらという恐怖からパニックになり、行かせまいとして咬んでしまう。

 

咬むという行為に至るまでの背景や、どんな気持ちがそうさせてしまったかは、
こうして、ある程度明らかになりました。

では、ちくわ君はなぜ泣くのでしょうか?それも夜、膝やお腹に乗せると、
どういう気持ちで、泣くのというのでしょう。

 

セッション時、この質問をした瞬間、私の胸は大きな支柱を
埋め込まれたようになりました。ものすごい圧迫感で、息もできなくなってしまったのです
胸がつまるとは、まさにこんな感じという圧迫感でした。

私は思わず、自分の拳で、胸の辺りをドンドン叩いたほどです。
叩くと、涙が溢れてきました。

その涙に集中すると、ものすごい淋しさが、噴水のようにあふれ出してきたのです。

私はおいおい泣きながら、うんうん頷ずいていました。
 

「淋しかったね、よく頑張ってきたね」

すると、ちくわ君の緊張が(彼はいつも身を固くして緊張しています)
ふっと緩んだのです。

「うん。夕方から夜になると、もうどこにも行かないってわかるよ。
(Sさんが)座ったりすれば、なおさら、ああ、もうどこにも行かないってわかる。
今日はもう、絶対、独りにならないってわかったら、ホッとして気持ちが安心するんだ
(気持ちが緩む)そういう時、お腹の上や膝の上に乗せてもらってゆったりしていると、
辛かったこと、(お父さんに)お腹の上に乗せてもらって幸せだったこと、
いなくなって淋しかったこと、色んなことが思い出されて、僕はいっぱいになるんだ。
(気持ちがはちきれそうになってしまう)そうして、優しく撫ぜられたり、声をかけられると、
僕は今まで味わったことがないほど、安心するんだ。
僕が今、どんなに癒されているかしれないよ(言葉で説明できないよ)」

 

泣くというのは、悲しみ、淋しさ、喜び、苦しみ、
痛みなどの感情をおさえることができず、涙をこぼす行為です。

行為は、その感情があることと一対です。その感情があることの、
証明でもあります。

 

ちくわ君は、こうして優しい人たちに助けてもらえたから幸せでした。

全国には、咬む犬という汚名をあびたまま、こうして泣くことも許されず、
命を落としていくどうぶつが、たくさんいるのです。

 

 

Sさんには、ちくわ君への言霊をお願いしました。
繰り返し、彼の中に浸透していくよう、聞かせてあげてほしいです。

「今まで、辛くて淋しいことが多かったけれど、よく頑張って来たね。
本当にえらいよ。これからは、私達がちくわのことを生涯守り通す。約束するから、安心してね」

 

愛が、ちくわ君の恐怖と悲しみを、

完全に溶かしてくれますように!

 

 

この写真では、わかりずらいですが、涙をこぼしています。

 

 

  • 2018.02.25 Sunday
  • 23:30

収集が止まらにゃい🐾NO2

今日は、2月22日、「にゃんにゃんにゃん」猫の日です。

 猫の記念切手が発売されたの、みなさんご存じでしたか?

 

売り切れたら困るので、私、朝一番で郵便局へGO!!

(誰も並んでいないので、びっくりしました)

 買ってきましたよー=^_^=

 

葉書・封書と2種類の切手が出ています。

帰ろうとしてふっと壁を見たら、犬切手もあるじゃないですか!

もちろん、犬切手も買いました。

 

あ!!

私自慢じゃないけれど、まったく手紙は書きません。

アハハハハ(^^;)

 

 

 

 


犬切手、純血種しかないのかしら…
だとしたら、そこは淋しいですね。
ふつーのワンコの切手も作ってほしかった。
いつまでたっても、犬は純血種みたいな固定観念を
後押ししているような…
私は、そんな気持ちになりました。

  • 2018.02.22 Thursday
  • 22:51

収集が止まらにゃい🐾

いつだったか、夫に怒られました。

猫のエコバックを集めすぎて、ヒロちゃんの
お気に入りを集めている物の上に、
どさっと落ちて来た時のことです。

 

「なんだこれ、いったい何個あるんだ!」
と言われたので、心の中で
(何個じゃなくて、何十個だわ)と呟きました。

でもさすがに並べてみたら、
こんなにあったら、たとえ友達に配ってたとしても、
一生かけても使いきれないと…納得しました。
ちなみに、こんなに持っています。
http://kikinotable.jugem.jp/?eid=613

 

なのでそこから、「猫柄ハンカチ収集家」に転身しました。

エコバックより安いので、心おきなくポチっとできてしまいます。
とくに最近は、リサラーソンのハンカチがお気に入りです。
全柄集めようと、今、燃えています。

 

今日は家に終日こもって、ずっと仕事していました。
なので、30分おきにメール便のハンカチが届いていないかと
見に行っていました。


夕方になって、ようやく投函されていました。
うれしいにゃ🐾うれしいにゃ🐾と、
おもわず、声が出そうになりました。

たまにこんな風になって壊れますが、
仕事はちゃんとしております(^▽^;)

私と会った方は、必ずハンカチを誉めてくれるよう
お願いします!

 

 

これはドンもくぅも、チャーもいます💖

  • 2018.02.21 Wednesday
  • 23:31

| 1/216PAGES | >>