キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

🐾ドンのビフォー アフターと猫の柄🐾

今日、猫が大好きな友人と話していて色や模様の話になりました。

彼女は純血種が好きで、私はどんな猫も好きですが、
代々Mix猫と暮らしています。

 

猫のことは相当詳しいつもりでしたが、
純血種に関する話は全然知らなかった…

ということが、今日判明しました(^^;

私のように知らない方もいるかと思うので、覚書きも含めて書きます。

 

まずは、シャム系の猫(かなりアバウトな書き方)
身体の末端が黒くなる、シールポイントの色の濃さの違いは、
「なにの違い??」

 

温度や年齢の違いから差があるのは知っていましたが、
細かいことまで知らなかったのです。

ただ、我が家のドンがどんどん黒くなって、そのうち黒猫になるんじゃないかって
噂もあるので(そんなバカな〜)、友人の話を興味深く聞きました。

 

シャムの子猫も産まれたては、真っ白なのだそうです。
(ドンも真っ白だったとか)

それが日に日に黒くなっていくのは、彼らが、
「サイアミーズ遺伝子」を持っていて、その遺伝子は、温度感受性があるのだそうです。

 

体温が高いと色素形成が抑えられ、体温が低いと色素が正常に形成されるのです。

なので、胴体は体温が高いため白くなり、手足などの末端
(耳・前・後足・口・鼻・尾)は体温が低いため色が濃くなるのです。

 

これは環境でも同じことが言えるのだそうで…

寒い地方、寒い季節は、色素が濃くなり、
暖かい地方、暑い季節は、色素が薄くなるのだとか・・・

 

そういえば我が家のドンは、暑いのも、暖かいのも苦手なんです。
寒い時、1人で下の冷え冷えした部屋に平気な顔しているし、
コタツもあまり好きではなくて、すぐに出てしまいます。

 

子猫の時から最新までの写真を並べてみると、一目瞭然ですね。

我が家に来てから、あれよあれよという間に真っ黒になり
(そういえば、寒い猫小屋によく出ています)

今や、密かなあだ名は、「コゲオ(焦げ男)」です〜(^^😉

 

その友人から、猫の模様のお洒落な言い方も、教えてもらいました。

単色(白や黒)ソリット

2色 バイカラー

3色 キャリコ

縞模様 タビー

 

この言い方にあてはめると、我が家の他の猫は…

「くぅ」 バイカラー ホワイト&ブラック

「チャー」 レッドタビー&ホワイト

そして「ドン」は、ポインテッドでブラウン&ホワイトでしょうか。

 

ちなみに、キジトラはブラウンタビー、サバトラはシルバータビー、
茶トラはレッドタビー、

サビはトーティシェルだそうです。

 

キャー、なんか、オサレ〜😻😻舌噛みそうだけど〜!

 

ご参考まで…

 

 

 

 

 

  • 2019.10.08 Tuesday
  • 19:45