キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

電磁波の影響とその怖さについての真面目な記事です

携帯電話の基地局(5G)&電磁波の怖さについて、FBで友人がシエアしていました。

↓こちらからお入りください。

http://www.kokusyo.jp/phone/13783/?fbclid=IwAR1OUd8XEPzvmN5j6bzo7JdquHT9y9X36BX6yLLfdaXJx95amROmXyyeCxo

 

私はもともと、電化製品との相性がすごく悪くて、

すぐ体調に出ます。

どんな感じになるかというと、携帯やパソコンを長時間

(3時間くらいでもう限界)

頭がボーっとして、時にムカムカします。

一度外に出て、新鮮な空気を吸わないと!という気分になるのです。

ひどくなると、頭の中が痺れて麻痺した感じになったりもします。

 

ただ慣れとは怖いもので、その疲れがずっと続くと、

ある時からふと感じなくなるのです。

お仕事でずっとPCや携帯を使うのに大丈夫という方は、注意してください。

自分は平気!なのではなく、慣れから麻痺してしまっている可能性もあります。

 

他の電化製品では…私的に、とにかくレンジが苦手です!!

ハッキリ言って、嫌いです(-_-;)

なぜって聞かれても困りますが、どうしてもだめです。レンジを通すと、

極端な話、細胞が破壊され栄養分はなくなる!と、感じてしまいます。

(あくまで個人的感想です)

 

味もすごく変わると感じます。

無味乾燥とした感じといえばいいのでしょうか…

我が家は、夫がレンジ好きなのですが、外で買った食品の

温め以外レンジは使いませんし、

私は温めも、お鍋と火力派です(^^

 

そういった自分の電磁波過敏(と思っていましたが)も、

これで良いのだと今回の情報で、あらためて感じました。

 

健康への直接被害は、若年層の癌、不妊の原因の1つに、

間違いなく、電磁波が関係しています。

知って使うのと、知らないで使うのは大違いです。

とくに、どうぶつや幼い子供は、自分で選べませんからなおさらです!

 

シェアした記事の中の講演は、荻野晃也氏です。

(記事より抜粋)

荻野氏は、1980年代に日本ではじめて電磁波問題を紹介した研究者(理学博士)である。

米国のスリーマイル島原発事故の調査で渡米した際、送電線の超低周波電磁波と

小児白血病の関係が指摘されていることを知り、日本でも電磁波問題に警鐘を鳴らし始めた。

http://www.kokusyo.jp/phone/14152/

 

ページ内YouTube講演は、とても貴重なものだと思います。

難しくてわからなくとも、私たちが何気なく使っている、

便利だと喜んでいる電化製品には

このようなリスクが潜んでいることは理解できます。

 

講演は1H30分ほどと長いので…講演の中から、必須!

と思える箇所をピックアップしてみました。

 

12分40秒前後 作家 川端康成氏自殺原因と電磁波について

29分前後    電子レンジの影響

44分前後    家庭電器器具からの漏洩電磁波強度

53分前後    電磁波症候群リスト

55分前後    電磁波の生物健康への影響

59分前後    送電線と小児がんについて

1H5分以降   過去の新聞記事より

1H16分前後  携帯電話長期使用と脳腫瘍

 

荻野氏が、講演の中で語る言葉が胸に刺さります。

「政府は、安全だという結果を出す(研究者)人にしか金を渡していない。

学会も、その他も、メディアも逃げている。

逃げた結果が、福島の原発事故だ」

 

こういう記事を書くと、「政府が酷い」「〇〇大臣がバカだ!」

などいう感情的な

意見が出て、その場で盛り上がって終わりというパターンを多く見かけます。

それは、意味のないことだと思います。

結局のところ、そういう政治家を選んだのは私たち11人なのですから・・・

 

知って、自分で実行する以外ありません。

必要な方に、この記事の内容が届きますよう願います。

とくに、お子さんとどうぶつのいるご家庭に!

 

 

  • 2019.09.03 Tuesday
  • 17:00