キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

前川喜平さん 山本太郎さん

初めて、政治のことを書きます。

思うところあって、自分のブログやフエイスブックに、

政治のことは書かないつもりできました。

 

今後もそれは変わらないので、これが最初で最後と思います。

 

私の考え方に少しは信頼を寄せてくださっている方、
そしてどうぶつ愛護に関わる、あるいは興味のある方、
投票していただきたいなと思います。

その理由も書いてありますので、長文ですが、読んでいただきたいです。

 

ふだん政治の話などほぼしない私ですが、先日たまたまある人と、
日本の現状の話になりました。

今の日本が置かれている状況です。

*20年以上続くデフレ

*55%以上の人が、生活が苦しいと思っている

*なのに大企業の収益は、バブル期以上

*高齢者の5人に1人が貧困

*独り暮らしの女性3人に1人が貧困

*自殺者の増加

*20代の貯蓄ゼロが60%

 

これだけ読んで、どう思われますか?異常な事態と誰もが思うはずです。

ではその原因は誰に、どこにあるのでしょうか?

世界一勤勉と言われる日本人は、ほとんどの人が真面目に働いています。

勤勉な私たちが怠けたわけではないですよね。

そんなに真面目に働いても、年金が
10万円前後しか出ないのは、おかしくないでしょうか?

テレビの特集で出ていた、78歳の老女の場合です。

生活が苦しいと、家賃分の月3万円を稼ぐため、清掃の仕事をしているのです。

 

※10万の金額は、テレビ特集の老女の場合です。

国民保険のみだった場合は、実績で¥55000/月が

現状だそうです。(満額でも¥65000/月)

この¥55000で生活できると、今の政治家は

本当に思っているんでしょうか?

若い時から真面目に働いて、これって、おかしいですよね?

暗に、いなくなってってこと?としか思えません。

 

すると私などよりずっと社会情勢に詳しい友人が、こう言いました。

「私たちが悪いのではなく、政治があまりに酷いから。でも、
その政治家を選んでいるのは私たち自身だよね。
みんな言葉のすり替えやだましの手口にはまって、誰の言うことが正しいのか正しくないのか、
わからなくなっているんじゃない。実際、私もわからなくなりそう・・・
ていうか、あまりに閉塞感ありすぎて、誰に入れても同じって
無力感に襲われたりするもの」

 

そいう話の後、では、今、Twitter(テレビは大きな政党ばかり取り上げるので)や
YouTubeで話題なのは誰か聞いたら、タイトルの2人の名前を教えてくれました。

 

そこで、エネルギーを扱う私の職種上、その視点から「意識の高い政治家」は誰か、
感じてみることにしました。

やり方はシンプルです。15人ほど政治家を選んで(できるだけ各政党バランスよく)
観る人の写真を印刷する。

それを裏返しにして掌にあて、エネルギーの良しあしを感じていくというものです。

前川氏は政治家ではないですが、歯に衣着せぬ発言で、
一見、正論を発信しているというのです。

ではそれがたんに、人気取りやハッタリ、口ばかりなのかは、
意識の良しあしを感じれば、本音が分かるというものです。

 

結果は、友人が教えてくれた2人が、群を抜いて素晴らしかったのです。
どちらも、正直で真っすぐで、私利私欲のない、裏表のない意識でした。

ちなみに酷いエネルギーの人物の写真を持つと、私の場合、

息を吸えなくなります。ひどい時は、胸がムカムカします。

 

2人とも、実に清々しく息を吸えました。胸がすくようでした。

私だけでは確信に乏しかったので、すごく信頼している方にもみていただきました。

結果は、私と全く同じでした。

 

そこで、普段は全然読めない(Twitterついていけないのです(^^;)

Twitterで、2人の発信を拝読しました。

 

印象に残った記事を抜粋します。

 

前川喜平さん 

意識は、穏やかでとても公平でした。

彼は自分のしたことにも、ありのまま答えて、お辞めになったのだと、
私自身は納得しました。

 

天海祐希さん主演のドラマ、「女王の教室」から、この言葉を抜粋していました。

 

2005年のドラマだそうですが、今、ものすごくリアルで、胸に刺さります。

******************************************************************

日本という国は、そういう特権階級の人たちが

楽しく幸せに暮らせるように、あなたたち凡人が安い給料で働き

高い税金を払うことで成立しているんです。

そういう特権階級の人たちが、あなたたちに何を望んでいるか

知っている?

今のままずーっと愚かでいてくれればいいの。

世の中の仕組みや不公平なんかに気付かず、TVか漫画でもぼうっと見て

何も考えず、会社に入ったら上司の言うことを大人しく聞いて、

戦争が始まったら、真っ先に危険な所へ行って

戦ってくれればいいの

***********************************************************

 山本太郎さん

私は今まで、彼のことをほとんど知りませんでした。

知っていることと言えば、俳優から転身した政治家、天皇陛下に直訴した人。

後者の行為から、むしろ、あまりいい印象を持っていませんでした。

 

でも今回彼の意識を知って、これまでの街頭演説の多くを閲覧しました。

彼の演説と、既存の政治家の演説を聞き比べてみてください。

本気度が全く違います。

 

政治家の演説を聞いて、涙が出たのは、ムヒカ氏以来です。

ムヒカ氏のリオの会議の名演説。世界を魅了した演説、
興味のある方は、こちらからど
うぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=mc-iIZp5SI8

 

日本にいるのは、「政治屋」ばかりでムヒカ氏のような「政治家」は
いないと思っていましたが、山本太郎さんは、政治屋ではありません。

彼がこのままの意識を保ってくれたなら、間違いなく日本で数少ない
真の政治家といえます。そういう高い志の意識でした、

 

彼はどうぶつ愛護に関して演説で訴えてはいませんが、

(演説ではないですが、公約には載っています)
社会の弱者を、候補に
2人も立てています。船後靖彦さん、木村英子さんです。

彼らが当選し、国会に車椅子で登庁する姿を想像してみてください。

彼らのような社会的弱者が国会議員になったなら、社会の目はもっと優しくなります。

より弱い者に目が行き、弱い者が存在していいのだという認識が
広まっていくからです。

 

今の人間社会である、姿形だけが綺麗なもの、お金持ち、社会的優位者だけが
もてはやされる社会は、どうぶつの世界も、まったく同じと感じています。
ブランド犬やブランド猫ばかりもてはやされ、センターで命を絶たれるのは、
大人の野良猫やMix犬が殆どだからです。

 

社会が変わる時、上から(特権階級)変わることは、まずあり得ません。

彼らは恩恵を得ているのですから、変える必要などないのです。

下の者たちが声をあげた時、上が動かざる得なくなるのは、

少し前の香港をみてもあきらかです。

 

選挙の度、高齢者や弱者に優しい社会をと唱えても、当選したら忘れてしまう。

そんな人の中、山本太郎さんは社会の弱者を候補者として推している。

このことだけでも、彼の本気度がわかります。

 

ちなみに彼は、よく言われているような「単に熱い人」、
「無想家」でもないと感じました。

消費税を廃止した後の財源のことも、きちんと語っています。

また、彼の党から立候補した元モルガンスタンレーにいた

「大西つねき」さんの経済の話は、目から鱗です。

 

何十年かぶりに、選挙に行くのが楽しみです。

自分の明確な意思で、心から推す人の名前を書く時、小さな希望を感じたいです。

 

最後に、書いたことはあくまで私信です。

色々な意見を持つのはもちろん自由ですが、

Web上で、意見を言い合う気持ちは

まったくありません。その点、了承願います。

 

必要な方に届いて、選挙に行く方が1人でも増えてくれたら
嬉しく思います。

 

 

 

  • 2019.07.13 Saturday
  • 01:58