キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

この夏お勧め絵画

東京都美術館で開催されている、「クリムト展 ウイーンと日本1900」

に行ってきました。

 

クリムトの作品は前から大好きだったので、

絶対見に行きたかったのですが…

どういうわけか、忘れておりました(^^

 

7月上旬で終わりなので、時間がある時、思い立ったらGO!

ということで、先週末、行ってきたのです。

 

素敵でした〜、溜息の連続です。

何といっても大好きな作品、「接吻」は今回ないので残念でしたが、

「女の3世代」は

やはり素晴らしかったです〜💖

 

日本の浮世絵や絵画にも多大な影響を受けたとのことですが、それはすごく頷けます。

私は(勝手に)尾形光琳を思い出していました。

 

あとは、とてもシンプルですが、姪御さんの横顔を描いた

「ヘレーネクリムトの肖像」

がとても素敵でした。

 

クリムトは、アナハタ(ハートのチャクラ)が開いた、優しい人だったと感じています。

そして、女性に対しての視線が上からではない点を感じて、そこが好きです。

 

現実的にも女性がお好きだったようで、モデルになった多くの女性との間に、

子供をもうけています。クリムトなら、誰も揉めなかっただろうな・・・と思いました。

 

で、猫も大好きだったと…そこも、素敵です。

猫を抱いている写真を見て、絵とのギャップに

ガッカリされる女性も少なくないと聞きますが、

私は逆で、この猫を抱くクリムトの気取りのなさや、

大事そうに抱く手の優しさがすごく好きです💖

頭髪はちょっと淋しいですが…、クリムトのアップの写真を見ると、

すごく綺麗な瞳をしていて、心が洗われる気がします。

 

激混み必須ですが、クリムト展、まだの方お勧めです〜💖

 

クリムト展に行ったら、尾形光琳もどうしても見たくなりました。

関東地方の方は、「MOA美術館」がお勧めです〜。

 

中でも、国宝の「紅白梅図屏風」は、超絶お勧めです。

単に華やかとかではなく、神の領域的すごさで、

鳥肌が立つ気がします。

 

私もまだなので、近々行きたいです。

熱海にあるので、帰りに温泉とかも贅沢かも💖

 

この夏のお勧めでした

 

 

 

いつか本物をみたい「接吻」

 

 

 

  • 2019.06.26 Wednesday
  • 12:03