キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

🐾ミーシスの猫たちが、「保護猫たちのニャン生」というタイトルで、毎日新聞のデジタル版に🐾

様々な環境で生きてきた子がいることを伝えたいと、
動画や写真と共に、
1週間、個別で猫たちを紹介してくれる企画。

ミニセッションでお世話になっているミーシスの猫たちが取材されました。

↓こちらから

https://mainichi.jp/search?q=%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%B9&s=date

 

早速ネットを開いて読みましたー。

記事は、ミーシスの猫たちの素顔、イキイキとした表情の写真とともに、

記者さんの抑えた筆致が際立っています。

11頭のニャン生が静かに胸に沁みて、涙が出そうになりました。

 

今日掲載のおむすび君の記事。可愛い仔猫の盛りに、いらないと言って
ミーシスに引き取られたおむすび君。自分で勝手に増やしてしまったおばあさん。
「いつでもおむすびに会いに行けるようにしてほしい」
とこれまた勝手なことを言うので、ミーシスでは里親募集をしなかった。

それから8年、おばあさんは1度もおむすびに会いに来ない。


でも、いらないと言われたおむすび君は、今、彼目当てのお客さんがいっぱいいて、
必要とされている。

そんな事実を淡々と書きながら、弱い者に寄添う視線を感じる文章が秀逸で、
一読の価値おおいにあります〜
💖

 

ちなみにトップバッターは、眼球がない状態で保護され、
海の日にミーシスにやってきたから「しー(Sea)」ちゃんと命名された猫の記事です。

 

私がアニマルコミュニケーションをした猫、「とらきち」君も登場するそうです。

彼は元々、出入り自由猫(半野良)として、あるおばあさんから可愛がられていました。

そのおばあさんが家を引き払うことになって、
行き場を失った彼は、ミーシスにやってきたのです。

最初から人の良い穏やかな猫ではありましたが、店長が悩んでいたのは、
「もううちに来てかなり経つのに、一向にケージの外に出てこない。
運動不足や体調が心配。なんでケージから出てこないの?」というものでした。


とらきち君に聞いてみると、「オイラはいつも、外から(自由な立ち位置から)
人や他の猫をみて、自分の距離感で接してきたんだよ。
だから、自分が狭い所に入って、外にいる大勢の猫や人から見られることに、
中々慣れない」と教えてくれました。

 

理由が分かって、彼のペースを尊重し無理せず接していたところ…

今では「茶トラ中年猫の星」となって、ミーシスに新たなフアンを増やしています。

癒されて、撫ぜたくなるし、なんか身近に感じてホッとする彼。

とらきち君は、どんな感じでデジタルデビューするんだろうか…
ドキドキしちゃいます。

 

5月2日までの1週間、毎日更新されるとのこと。

どの猫が登場するかも、すごく楽しみです〜!

 みなさん、読みに行ってください〜にゃ😸

新聞取っていない私ですが、この記事で、毎日新聞フアンになりましたにゃ😻

好きな時に読めて、紙を使わないから環境に優しい。デジタル新聞良いかも!

https://mainichi.jp/

 

 

 

 

  • 2019.04.27 Saturday
  • 19:51