キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

🐾Cat Cafe Miysis ミニセッション 終了しました🐾

昨日関東は良く晴れて、温かな一日でした。

Miysisのミニセッションは、遠くから足を
運んでいただいた方も多かったので、
お天気が良いのは何よりでした。

11時過ぎに入ってから連続8枠のお客様で、夢中でご報告していたもので、
ブログ等へのお写真掲載をお聞きするの忘れてしまい…残念です
💦

 

昨日は、旅立った子たちのセッションが多かったです。
なぜか、その会によって集まる方の傾向が同じことが多く…
昨日は、半分が旅立った子の声を聞きたいというご依頼でした。

個別でその子の声を聞けることがアニマルコミュニケーションの特徴ですが、
中でも、旅立った後、残された家族の(この場合飼い主さん)
悲嘆を和らげるのに最適です。

 

「今、どうしている?」、「あの時言えなかった、ごめんねの気持ちを伝えたい」、
「共に暮らした〇年、どんな時が幸せだったか?」、
「ありがとうを伝えたい」、「また一緒に暮らせるかな?」

みなさんがお聞きになりたいこれらのことに、犬や猫たちも、
実にその子らしい答えを
してくれました。

 

入店した時は、「なにを話してくれるの?」、「本当にあの子の声が聞けるかな?」
という戸惑いや不安の表情を浮かべていた方が、
確かにその子と確信した途端、顔がくしゃくしゃになります。

頬を、大粒の涙が流れます。拭っても拭っても、涙が溢れてきて、
どんなにその子を愛していたかが、私にも伝わってきます。

 

ここでは、そんな中のお1人、Y家の櫂さんをご紹介します。
彼女は15年前、ボロボロの惨めな姿で、某愛護センターにいました。
体力のない子犬でしたから、Yさんが手を差し伸べなかったら、
命がない状態でした。


それから15年、家族として暮らしてきた櫂さん。今のお家を選んだのは、
櫂さんが庭で遊べるから。出かける先を選ぶのも、櫂さんを同伴できるか…
なにをするにしても、櫂さんが中心の生活です。

もちろん良いことばかりではなく、大変な時もありました。

私の所へ最初にいらしたのも、乳児だった娘さんと櫂さんの
お世話の両立で悩んでいたからでした。

 

良い時も、大変な時も、楽しい時も、苦しい時も、常に一緒で、
共に乗り越えてきた15年でした。

櫂さんは写真で見ての通り、実に優しく穏やかで、献身的な子です。

中でも、娘のRちゃんを見守り付き添う姿は、櫂さんの癒しの波動が全開で、
私がとても好きな写真です。

 

赤い小花模様の着物のRちゃんと並んで笑っている写真は、
昨年の七五三の写真だそうです。

この時、「一回り違う同じ年生まれの2人だね。2人のお祝だね」と
話しながら撮っていたのを忘れないと、Yさんは言っていました。
この後数カ月後に、櫂さんは旅立ちました。

 

セッション後にいただいた、Yさんの感想の一部です。

「本当に、私たちに必要な櫂のメッセージでした。それを伝えてくださって、
ホッとして、じわーっと心が暖かくなり、救われました」

 

こんなに愛してきた櫂さんだからこそ、彼女が旅立った後のYさんの苦悩と
葛藤が想像できるコメントでした。

これは昨日いらした4名はもちろん、愛する者を看取った全ての人に、
共通する思いなのでしょう。

そんな時、救いを求めて色んな人の意見を聞き、
さらに葛藤してしまうこともあると思います。

 

そういう時は、どうかアニマルコミュニケーションのセッションを受けてみてください。

愛する子と再会し、彼らの存在が消えていないことを実感してください。

 

その愛する子があなたに伝えてきたこと、
そしてあなたがその子にしてあげたこと、

その真心と思い出だけが、真実なのです。

 

昨日来てくれたみなさまに、感謝をこめて💖

 

 

 

 

  • 2019.02.03 Sunday
  • 12:34