キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

今年最後のミニセッション

晴れ女の私には珍しく、冬の冷たい雨の土曜日となりましたが…
無事に、ミニセッション終わりました。


足元の悪い中お越しいただいたみなさま

遠い所からお越しいただいたみなさま

いつも忙しい時間帯に席を確保していただく

オレオのオーナーさん&看板犬のチップスター君

どうもありがとうございました!
 

昨日のミニセッションは、初めてアニマルコミュニケーションを体験される方も多くて、
アニコミの普及を願っている私にとって、やりがいがありながらも、
緊張してドキドキの
会でした。

今まで体験している方なら、たとえ今回「ええ??」という結果となっても、
違うコミュニケーターのところへ聞きに行ってくれるでしょう。

でも初めて体験される方は、今回「ええ??」だと、
こう思ってしまう確率が高いのです。

「アニマルコミュニケーションて、だめじゃない(インチキだね)」

そしてこれはお客様から言われて印象に残っているのですが、
最初のアニマルコミュニケーションは、ハードルが高いと。

アニマルコミュニケーション自体を信用してくれるようになると、
今回のセッションが60点であっても、また利用する。
でも初めての場合は、「ドンピシャ!腑に落ちるの、95点)」じゃないと、
「そうかー!」とならないと。


「そうかー!」とならないと、困るのは犬や猫たちです。
彼らの悩みは、何も解決しないままとなってしまうのですから。

私に限らず、初めて受けるというお客様のアニマルコミュニケーターは、
責任重大というわけです。


そんなこんなで、初めての方が多い会は、緊張するのです。

しかも昨日は、仲良しのお友達3人で、それぞれのワンちゃんのことを
聞きにいらっしゃる方たちもいて、
ドキドキ、
ワクワク(楽しみでもあるのです)が増しました。


結果は、すごく良かったと思います。

(あ、あくまで自己申告!)

特にお友達3人でいらしてくださった方たちは、仲間のワンちゃんのセッションにも
参加しシェアしあったことで、「犬って、こんなに違う!」、
「私たち人間と同じようにそれぞれの個性があって、資質があって、
考えがあって、好みがある」ということを、リアルで体験していただけたのです。


犬の飼い主さんはともすれば、「犬は元気で、お散歩好きで、
みんなと仲良くするもの」と決めがちです。

そして、そこからご自分のワンちゃんが外れてしまうと、
悩んでしまいます。

お留守番が平気な犬もいれば、淋しがり屋もいて、お散歩好きな犬がいれば、
まあ行ってもいいけど的な犬もいるわけです。お友達が欲しい犬もいれば、
欲しくないと思っている犬もいます。叱ってもわりと平気な犬もいれば、
ママの言葉遣い1つで、がっくり落ち込む犬もいるのです。


その違いは、犬種、生まれ、育ち、環境、その子の資質や個性、
飼い主さんの性格や関係、前世などが複雑に絡み合って出てくるものです。

「犬とは〇〇するもの」、「猫は、〇〇だから」という視点だけでなく、

「この子は、こうだ」という、個人(犬・猫)を見る視点が、
もっと普及してもらいたいと思います。

そういう視点で見つつ、その子に合った対応をしてあげると、世の中から、
「ダメ犬」、「ダメ猫」は、大いに減ると確信しています。

 

その視点に、アニマルコミュニケーションはとても有効なツールの1つであることは、
間違いありません。

もちろん、アニマルコミュニケーション1つで、全て解決するわけではありませんが、

「どうして、そうするの?」「こうしたいけれど、どう思う?」と聞いてあげる。

聞いたからと言って、全て叶えてあげることはできないでしょう。
 

それでも、私達人間が聞く耳を持つだけで、多くのことが、解決へと向かっていきます。

症状や問題の程度は軽減されていくのです。
 

そして何より、聞く耳を持つことで救われるのは、私達人間の方だと思います。

私達人間は、多くの決めつけや間違った力の行使から、大いに解放されるのですから。
 

昨日来てくれた、Hマドレーヌさん・Kももさん・Nこむぎ君・Nめいさん
・Fくるみさん・
S桜さん・Wモアナさん・Tつむぎさん―
みんなのお父さんお母さんが、これからもずっとずっと、
あなたたちの心の声に、耳を傾け続けてくれますように
💖

 

 

 

 

  • 2018.12.23 Sunday
  • 20:06