キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

🐾老人ホームで長年尽くしてきたポピーさん(16歳柴犬Mix)のその後… 安楽死の可能性はなくなりましたので、ご安心下さい!!🐾

12月8日の夜に公開した、安楽死の可能性もある
老人ホームの看板犬ポピーさんの記事。

たった2日で、400件を超えるシェア、たくさんのコメント、
里親ご希望のお申し出を
いただきました。

お気持ち寄せてくださった皆様に感謝いたします。<m(__)m>

 

「最も弱い者の立場に立たなければいけない介護従事施設で

長年尽くしてくれた犬に痴呆の気が出てきたら、

安楽死を迫る。そんなバカなことが、あっていいのか」
という、憤りのお声が、
圧倒的でした。

 

皆様のお声や、励まし、保護に動いていらっしゃる方達のご尽力で、

その後、ポピーさんの回りの状況は好転いたしました。

昨日の深夜、保護主のお1人とメッセージで直接やり取りもでき、

詳しく教えていただくこともできましたので、ご報告いたします。

 

お仲間のOさんが、ご自身のブログで、ポピーさんの最新の状況を公開されました。

こちらのブログを読んでいただくのが、一番良いと思います。

https://ameblo.jp/minamikaze10/entry-12424898004.html?fbclid=IwAR0LJB5geNlejpu4kr1NRxr9wf6RPBjYl-dclQ7mSMn_bvQm7yG_6MwBR2w

 

安楽死の可能性はゼロになったとのことで、私が8日に記事にした際の
ブログは削除なさったようです。

ご心配いただいた皆様、どうぞご安心ください!!

 

皆様からFBやOさんのブログTwitterにいただいたコメントは、印刷し、

当初安楽死の判断をくだした施設上層部の面談に持参したいとおっしゃっていました。

 

長年ホームの看板犬として入所者、職員を癒し笑顔にしてくれたポピーさん。

彼女が認知の症状を示したからと言って、安楽死の判断をくだすなど、

介護従事施設として、最もやってはならない、恥ずかしいことである。

そんなことは社会的にも許されない。

判断をくだした上層部の人間が、皆様のコメントを読んで、

そこに気がつき、猛省してくれることを願います。

 

今一番心配なのは、自分の働き場所・居場所を急に奪われてしまった
ポピーさんの
メンタル面からくる急激な体調悪化とのことでした。

 

ポピーさんが今身を寄せている病院の獣医師が素晴らしい方で、
早朝からポピーさんのケアにあたってくれ、保護に動いてくださった方々は
交代で夕方ケアに行っているそうです。

それでも悪化してきていると…(手厚い看護、医療的処置もきちんとなされています。
点滴の添付写真、
Oさんのブログよりおかりしました)

ホームでは頑張って歩いていたのが、ホームを出た途端、歩く気力を失ったようで

歩行の悪化が著しいのです。

 

よって、当初は遠方の里親さまも募っていましたが、
遠方への移動は、現実的に無理となりました。

今後は、ポピーさんの居場所の近辺(東京、埼玉、神奈川の一部など)で、

募っていく方針だそうです。

それも、日々刻々変わってくるポピーさんの体調や様子を
見ながらとのことでした。

 

保護主の方たちは、みなさん、お仕事や家庭があって、
他にも保護犬猫たちのお世話をされています。とても多忙と推察いたします。

なので私たちは、必要最低限のご連絡にとどめ、

ポピーさんの様子を静かに見守っていく。

今後支援など募ることがあれば(今現在は、考えていらっしゃらないと)

応援していく…というのが、最善と考えます。

 

保護主の方から、皆様へコメントをお預かりしました。

たくさんの方に

応援していただき

励ましていただき、

本当にありがとうございました。

 

ポピーさんの体調が安定して、

彼女に、再び喜びや満足を感じることができる…

そんな穏やかな日々が戻ることを、心から願っています。

 

 

 

  • 2018.12.10 Monday
  • 11:58