キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

🐾セッションの質問の仕方について🐾

お客様から、アニマルコミュニケーションのセッションを
受けるにあたって、
質問の仕方(書き方が)わからないという、
ご相談がありました。

 

そこで、どうぶつと飼い主さんの通訳である、
アニマルコミュニケーターからみて、

困ってしまう質問例をあげながら、説明したいと思います。

 

一番困るのは、抽象的な質問の仕方です。
たとえば、「家に来て、幸せ?」とか、

「どんな時幸せ?」というのが、その代表です。

そもそも、幸せという概念はとても大きなもので、範囲を限定しにくいものです。
質問する範囲が定まらないと、私たちは具体的なことを
イメージしにくくなってしまいます。

どうぶつ側も、初めて話す(エネルギーの上で)相手から、いきなり、
「あなた、どんな時幸せ?」と聞かれても、どう答えていいか、
何から答えていいかわからないことが多いです。

もうワンクッションほしいと言うか、話のとっかかりが必要と言うか…

 

つい最近も、こんな事例がありました。

「家に来て幸せ?」と聞いてこられたFさんに、
この質問をする背景を教えてほしいと聞きました。

すると、F家にいる2頭のワンちゃんのうち、今回セッションするHちゃんが、

幸せと感じてくれているか…時々、疑問に思ってしまうと言うのです。

もう1頭のR君は甘えっこなのに、Hちゃんは全然甘えてくれない。
平日はいつも、2頭でお留守番してもらうことが多いので、休みの日、
大好きなドックランに連れて行くようにしている。
するとHちゃんは、鉄砲玉のように他の犬の集団やご家族の方に飛んでいき、
中々、自分たちの元へ帰ってこないと言うのです。

そんな姿を見ていると、ふと、「家に来て、この子は幸せなのだろうか?」
と、思ってしまうと…

 

この話を聞いて、聞くことの的が絞れましたので、
Hちゃんにこう聞いてみました。

「ドックランへ連れて行ってもらうのは好き?」

すると嬉しそうににっこり笑い、こう答えました。

「うん大好き!!広い所に行って放してもらうの、私は大好き!
自由にどこでも行けるのは、私の性にあっているのだもの」

そう話すHちゃんから、彼女の性格や資質が伝わってきます。

Hちゃんは元来独立独歩で、自由が好きなあっさりしたタイプの子なのでした。

なので甘えん坊の同居犬R君と比べると、Fさんたちは、
素っ気なく感じてしまうのでしょう。それに加え、お留守番中、甘えっこのR君が淋しがって、
Hちゃんにベッタリということもわかってきたのです。

そういう平日を送っているので、広いドックランで自由になると、
Hちゃんは、思いっきり解放感を味わっているわけなのです。

 

そこまでわかってきてから、最初の質問をしました。
「Hちゃんは、F家に来て幸せ?」

驚いた顔になったHちゃんに、Fさんたちの気持ちを説明すると、こう言いました。

「ママ、もちろん私はすごく幸せよ!仕事が忙しくて、
遅くなっても必ず散歩へ行ってくれるし、愛されているのは充分分かっている。
私がドックランで遠くへ行くのは、普段Rから頼られてべったりされるから、
解放感を味わっているの!ああ、Rのことが嫌とか言うんじゃないのよ。
いつも仲良くやっているでしょ?でも、いつもRのベビーシッターをやっているから、
それから解放された感を味わいたいだけ。色んな家や犬の所に行くのは、
私がなんでも興味を持って、知りたい性格だから。私、家でもそうでしょ?」

 

Hちゃんの答えを聞いたFさんたちは、とても安心していました。
そして、家で幸せと答えた内容に、Hちゃんらしさを感じて、すごく納得したのでした。

 

F家の事例からお分かりいただけると思うのですが、質問は具体的に、
的を絞ってくださると、私たちも聞きやすく、納得のいく答えが返ってくるのです。

いきなり「家に来て幸せ?」と聞くのではなく、その質問をする原因の方を、質問にするわけです。

F家の場合は、「ドックランに行くと、すぐ遠くへ行ってしまい帰ってこないのはなぜ?」です。

 

アニマルコミュニケーションで、飼い主さんが納得、満足し、
それが動物へ還元されることが最良のセッションとなります。

それには、質問者と代弁者(アニマルコミュニケーター)
双方の協力が、不可欠なのでした。

 

 

 

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 21:28