キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

北海道、地震のその後とNPO法人 NVN特定非営利活動法人日本沼津災害救援ボランティアの会への御礼

北海道を襲った大地震で、道内に住むお友達や身内の方を心配している

方も、まだ多いと思います。

そういう方の参考になればと思って、記します。

 

夫が8日(土)早朝より、札幌市西区の親元へ帰っています。

なので札幌近郊限定にはなりますが、夫から聞きました、
生の声をお知らせいたします。

 

新千歳空港

千歳空港から他の方面へ出発するロビーは
まだ長蛇の列だそうです。(8日午前)

札幌へ到着する飛行機は空いていて、各航空会社とも
スムーズな感じに見えたとのこと。

 

路線バスや在来線は動いていないが、新千歳発のJRは運転している。

市内に入れば、地下鉄、路線バス、路面電車は完全に復旧している。

市内は、電気も完全に復旧しているとのこと。

 

コンビニには、お弁当やおむすびの棚ががらんとしているが、
飲食店は
ほぼ通常営業しているので、食べ物はおおむね困らない。

 

被害の状況

 
テレビに映る被災状況を観ていると、全ての地域がそのような状態と、

みている私たちの方で想像してしまうが、そうではないこと、
冷静になることを、
今回学んだとのこと。

 

札幌に関して言えば、清田区、厚別区や新千歳空港
東区の一部が酷い状態である。

その他の大多数の地域は、以前と変わりない状態になっている。

 

なので、被災地以外の私たちは、できるだけ冷静になることが何より肝心とのことでした。
そして、被災した側の身になってできる援助を、各自、最大していく。
それが、最良と言えるでしょう。

 

それを受けて、私も、早速行動してみました。

7月に千葉で行ったチャリテイイベントの売り上げでプールしていた分を、

メンバー(上野千春、香川展子)と相談の上、NPO法人NVNさんへ、
ご寄付してきました。

 

この団体さんは、FBでお友達の笠井清美さんがお手伝いしていて、

前回西日本集中豪雨の時、タオルのご寄付で知りました。

 

せっかくご寄付や援助物資を送っても、どこでどのように役立てられたのか…
活用先の内訳がわからない支援より、顔の見える支援をしていただける、
しっかりした団体さん。とても丁寧で丁重な対応をしてくださり、お勧めです。

https://nvn-numazu.jimdo.com/

 

今回もすぐに、できることをして下さり、北海道出身の1人として、

深く、感謝いたします。

 

どうか、今まだ不自由なおもいされている道内の方達の生活が

一刻でも早く、改善されますように!

 

 

 

 

 

  • 2018.09.08 Saturday
  • 21:25