キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

愛こそ全て2

6月にミニセッションを行った、
保護猫CafeMiysisさんの

Eさんと愛猫のミィーちゃん。

 

彼女から、大好きなお父さん、Eさんの優しいお人柄を

たくさん聞かせてもらったので、それだけは急いで
「愛こそすべて」と
して記事にしました。

まだの方は、こちらのリンクからご覧ください。

http://kikinotable.jugem.jp/?eid=750

 

続きで、優しいお父さんに保護されるまで日々を書くつもりでしたが、
バタバタして、そのままになってしまいました。

 

2か月近く空いてしまいましたが、
ミィーちゃんが語った、大好きなお父さんに保護されるまで、
どんな生活を送って来たかを…今日は記していきます。

添付写真2枚は、どちらもミィーちゃんです。この写真をみただけで、
彼女がどういう外猫生活を送って来たか、なんとなく想像つくと思いますが…

 

ミィーちゃんは、川崎の某地域にあるEさんの職場付近に、突然現れました。
Eさんの会社付近は外猫が多く、そのほとんどが心ない人間に
遺棄され繁殖した猫たちです。Eさんや何人かのどうぶつ好きが、
そういう猫たちを気の毒に思い、ご飯をあげ、不妊手術をしているのでした。

ミィーちゃんは、ここら辺に見ない顔でした。
それがある日、突然現れたのですから、多分捨てられたのだと思うと…で
も、どういう経緯でここへ来たかを、詳しく知りたいと、Eさんは思うのでした。

 

今は毎日、世界一可愛いなどと絶賛されているミィーちゃん
過去のことを聞くのは、追従体験で辛い過去を思い出すことにもなるので、慎
重になるものですが、今が幸せなミィーちゃん。
実に軽やかな口調で、スラスラと教えてくれました。

 

「あのね、最初は、お父さんの会社から少し離れた場所に猫がたくさん集まる所があって…
私は、そこでご飯貰っていたのだけれど、時にありつけないこともあってお腹空かせていたの。
そうしたら、そこで仲良くなった猫に、ここにくればご飯貰えるっていう場所を、
何か所か教えてもらったの(教えてくれたのは、白にマロ模様の大きな雄猫。
もう1頭、キジ柄の小さな猫とも友達になった)その話を聞いて、ここにやってきたら、
お父さんがご飯くれて、何回目かで、捕獲器っていうので、捕まってあげたのよ」

捕まってあげたというのは、プライドの高い雌猫が良く言う文言です、

「あら、捕まってくれたのね!」と、私は賞賛するような口調で返事をしました。
「じゃあ、その前はどうしていたの?ずっと外で生きてきたの?それとも人間と暮らしていたの?」

ミィーちゃんは、ツンとした口調で言いました。

「お父さんに捕まる前の年の冬に、捨てられた」

言葉を発すると同時に、映像が観えてきました。
30少し前の、若いカップル。住んでいるのは、アパートの
1階。
外猫だったミィーちゃん(まだ幼い感じ)にご飯をあげると、
そのうち尋ねてくるようになり、アパート前で待つようになり、
窓から出入りするようになった。寒い時など部屋に泊っていく時もあった。
そんな風に、ゆるい感じで一緒に暮らしていたが、
やがて、部屋を引き払うことになった。

ミィーちゃんを連れて行けず、(そこまでゆとりがない感じ)かといって、
このままここに置いて行くと、次の入居者か不動産屋に、猫が部屋に出入りしていたとばれてしまう。

以前から、捨て猫がたくさんいるという場所を聞いていた。そこに置いてくれば、
食うには困らないだろう!ということになって、スポーツバックのような黒い袋にミィーちゃんを入れ、
自転車かバイクで捨てに行った。(自転車で
20分くらい)

 

ミニセッション当日、ミィーちゃんが語った小さなキジ猫が実在していたことを知り、
胸が痛くなりました。なぜなら、その子はもう生きていないと感じるからです。

ミィーちゃんのように「捨てられて良かった!」と言えるほど幸せになる子たちは、
本当に稀な、ごく一部の猫だけです。

捨てた人間は、どうぶつ達が、ここまで鮮明にその状況を語る能力
、感情があると知ったらどう思うのでしょうか・・・聞いてみたいものです。

 

次回は、ミィーちゃんと同居するマー君の実例をご紹介します。

この子は可愛がられていたのですが、海外勤務で、どうしても連れて行けない

事情があって、泣く泣く手放された猫君です。ラグドールの大きな男子。

ミィーちゃんは、彼のことどう思っているかと聞かれ、こう答えています。

「あのねー、あの子身体が大きくて、のんびりして良い猫なのだけれど…
時々、おバカさんなんじゃないかって思うことが多くて
(外に居たボス猫たちと比べると余計そう思う)猫としては、
半人前だと思うの。だから私、時に厳しく躾けているのだけれど、あまり聞いてない風なのよ」

 

ミィーちゃんから半人前と言われてしまったマー君の実例は、次回記します。
とても対照的な
2頭で、同居猫としての相性はバッチリでした。

 

保護猫CafeMiysisの次回ミニセッションは9月15日です。

お席まだあります!お問い合わせ・お申込みははこちらから

http://kikinotable.com/?page_id=38

 

「CafeMiysisミニセッション」の件名でお願いいたします。

***********************************************************************

保護される前

 

 

 

  • 2018.08.07 Tuesday
  • 00:14