キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

なぜ、新人君に意地悪しちゃうの?の実例

今回は、お友達犬(猫)を迎えようと思っている、
既に迎えたがどうもしっくりいっていない、
保護活動でたくさんの子たちのお世話をしている…
と、状況は違っても、複数の犬や猫と暮らす方々の参考になる
実例をご紹介します。

 

主役のNコさん(柴風茶女子 Mix 7歳)のことから、記していきます。
彼女は、T家の長女犬です。元保護犬で、大きな愛護団体の一時預かり
(団体がレスキューした犬や猫を、里親さんが決まるまで預かり
ケアーするボランティア)をしているママ、Tさんの信頼も厚いワンコです。
気丈で賢く、今まで預かった犬にも優しく接してくれたからです。


ところが今回預かったK君(黒色Mix男子 推定5歳)には、
意地悪をすると言うのです。

預かった当初から小さな小競り合いがありましたが、
Tさんはそのうち慣れると思っていました。
というのも、仕事が忙しかったこともあり、預かりボランティアをすること自体、
2年近く空いてしまっていたのです。
Tさん自身もそうですが、Nコさんも、間隔が空いてしまったことから、
新たな犬に戸惑っている。そう、思っていたのです。


ところが、小競り合いは日増しに深刻になり、とうとうある日、
取っ組み合いの喧嘩になってしまいました。
咄嗟に割って入ったTさんまで、腕を咬まれてしまう始末。
いくら喧嘩といえども、Tさんに歯をあてるなど、今までの2頭の性格からは考えられないことです。
とくにK君は、人が大好きで、見ての通り大人しそうな可愛い男子(写真の黒色男子)なのです。


それ以来また取っ組み合いになると困るので、Nコさんを
叱ることも多くなってしまったTさん。
なんでこんなに、Nコさんは意地悪犬になってしまったのか?
どうしたら、意地悪しないでくれるか?ということで…
アニマルコミュニケーションの出番となりました。

ちなみに、小競り合いが始まる時、特に決まったパターンはないとのこと。
強いて言えば、K君の甘え(人に対して)の頻度が高い時ということです。


ここからはNコさんとの会話をご紹介していきますが、
私は、申し込みに添えられていた写真を見た時から、
「おやっ!」と感じました。
Nコさんと以前セッションしたのは、2年前です。
2年経っているとはいえ、なんだか印象がかなり違っているのです。
以前は気丈で、責任感が強く聡明な感じがしました。
それが今は固い表情で、家の中のことは自分がしっかり守らなきゃ、
ちゃんと治めなきゃ、秩序だて、平和でありたいと頑張っているのに上手く行かない。
そんな焦りや不満を、強く感じるのでした。

 

私は、質問する前に、写真から伝わって来たNコさんの不満に、
意識を集中してみました。すると、こんな意識が大量に流れてきたのです。
「新たな子を預かるまでの空白は、犬にしたら4〜5年という長さだった。
なのに、新たな子を迎える前の説明が、不足していたことを淋しく思っている。
迎える前に、この子はどうかな?と聞いて、自分たちの反応もみてほしかった。
そういう事前の説明や準備もほぼないまま、Kみたいな、ド天然で、
人間に対してアピールだけは半端ない、でも犬としての礼儀ゼロみたいな犬が来て、
Nコ仲良くしてよ!は、ないんじゃないかと思う。
(自分は、ずっとお家の中を護ろうと、頑張ってきたのに)」


そんな気持ちを大量に送って来たNコさんにコンタクト取って挨拶すると、
以前セッションしたのを覚えていて、すぐに話をしたがりました。
そこで、「K君はどんな子なの?」
すると、待ってましたと言わんばかりに、Nコさんの言い分が炸裂したのです。


「Kはね、もちろん、腹黒いとかそんなのじゃないのよ。
でも、なんて説明したらいいかしら。一言で言えば、お調子者。人
間でも、天然で空気読まない人、いるでしょ?でも、雰囲気がめちゃ可愛いから、
何をやっても許されちゃって、憎まれない人。そういう人間がいきなり入ってきたら、
一緒に仕事している人はとても大変だし、気持ち害するでしよ?
Kは、まさにそれなの!!あもちろん、何回も、注意したのよ、順番守って!
あんたは、この家では、一番最後よ!でも、その度に、
あの独特の潤んだような目で見上げてきて、今、初めて知りました!とか、
えー、そうなんですかーって返事してくるの。
こっちはもう、100回くらい言ってるんだもの。バカにしてんのー?ってなって当然じゃない」

 

「ハイ、なるほど。そういう子は、人間でもいますよ。上からはめちゃ好かれるけれど、
空気読めない天然で、同僚にしたらええー!!って人。Nコさんの言う通りだと思う。
K君がそういう子だってこと、早速、Tさんに説明しますね」
すると、「フーッ」と、深い溜息ついたNコさん。
「…あのね…あのー」なんだか言いにくいことが、まだありそうなのです。
「どうしたの、Tさんにも何か言いたいのですね?大丈夫、私に任せて。
あなたのママのTさんと私は、信頼し合ってるから。ちゃんと話を、聞いてくれるわ」


目をシバシバして遠くを見やったNコさんが、ボツっと呟きました。
「私がそうやってKに教え込もうとしている時、ママ達が、あの子を甘やかすの。
可愛いいーて、目をハートにして持ち上げちゃうわけ。
だから益々Kは、それでいいんだってなってるのよ」

Nコさんの言うことは、一から十まで筋が通っていて、
どうやら今回のお悩みは、質問した人間側の分が悪いようです。

そこで私は、声のトーンを落として聞いてみました。
「これ確認なんだけど、NコさんはK君に、意地悪したんじゃないのよね?」
聞いた途端、目の前に、バサッと暗幕が降りてきたような雰囲気になりました。
チラッとNコさんの顔を見たら、明らかに気分を害しています!
「意地悪なんて言い方、それ自体がとても悲しくなっちゃうわけ。
なぜ、Kがルールを守らないんじゃないか!とか、順番守れなくて、失礼なんじゃないかとか…
そんな風に、思ってくれないのかな。意地悪するのっていう聞き方自体が、
私が悪いというスタンスだもの。それ、すごーく落ち込むんですけど」

 

こんな風に振られて、私の方が、なんだか焦ってきちゃいました。
「そうですよね、わかりました。よーくわかりました。
Nコさんの気持ち、そこはしっかりTさんに伝えますね!
最後に、今後どうしたいか…要望があったら、教えてください」
「私に任せてくれるなら、私がKに怒った時、それを打ち消さないでほしい。
K、ここで犬の長はNコだからね!とか、順番守りなさい!
という風に、私の後押しをしてほしいの。でないと、里子に行く時、
先住犬がいる家には、行けないってことになって…
結果的に、行ける里親さんの範囲が限定されて、Kの可能性も狭まるわよ」

 

セッション結果を報告した時のTさんの反応は、まさに晴天の霹靂といった感じでした。
「えー!!」と素っ頓狂な声を出した後、しばらく絶句してしまったほどです。

それでも話を勧めていくと、状況とNコさんの言っていることは完全に一致していると、
Tさん自身もわかってきました。
「そういえば…Kは家に来る前、何日か違うボラさんの家に居たのだけど…
そこの家でも先住犬とイマイチだったようで、K君は1人っ子のお家がいいねって言われたんです。
その時は、なんでこんなに可愛くて、人を好きでボス的でもない犬が??って、不思議に思った。
あー、そういうことだったんですねー」

 

Tさんに説明している私も実は、ずっと耳が痛かったのでした。
ドンが来て以来、我が家は彼中心に回っていたのです。
くぅが、ちょっとしたアクシデントで外に出てしまった時、
人から、「ドンのことは嫌い!」って聞いて、私はまさに晴天の霹靂だったのです。
ドンは確かにひつっこいけれど、くぅはよく一緒に遊んでいるし、
隣同士で寝ているし…まさか嫌ってたなんて、思いもよりませんでした。
でも冷静になって考えると、好きなわけないなという状況ばかりです。
その現実が見えなくなっているのは、私達夫婦が、ドンが来てくれて嬉しく、
当初舞い上がっていたからなのでした。

読んでくれているみなさんの愛する犬や猫は、どうでしょうか?
同じような状況で、そこに人間側の視点が向いていない。そんなことはないでしょうか?


その後T家に話を戻します。
Tさんの感想から…
「あの後、Nコに「Nコ、頑張ってくれてたのに、分かってあげられなくてごめんね。
いつもありがとうね」と言ってみたら、久しぶりに耳をペタンとしてエヘッと
口を開けた顔を見せてくれました。そういえば、最近こんな顔を見てなかったな。
どんなに撫でてもいつも真面目な顔をしてたな。なんで笑ってくれないんだろうと思ってたけど、
Nコに負担をかけすぎてたんだな」と、反省しきりでした。
Kを連れてくる時も、Nコには一応、先に言っておいたつもりだけど、
今考えれば、全部決まってから、「今度また預かりっ子が来るよ〜」と伝えただけでした(^_^;)
Kの環境につい同情が先走ってしまい、甘やかしてないつもりが甘やかしまくっていたのに、反省です」


Tさんがそうやって真摯に反省し、Nコさんに謝って態度を変えてから、
ピタッと小競り合いはなくなったそうです。

そして今は、見て下さいーーー!!
こんなに仲良くやっていますよーー

この写真は、なによりの証明ですね。
どうぶつも私達人間とまったく変わらない意識と心を持っていることの。
そして何より、私達人間と意思の疎通ができるということの。


もし私たちができないと言うならば…それは私たち人間が
できないと、決めてしまっているからなのです。

 

K君、絶賛里親募集中であります

 

賢いNこさん

 

 

天然ワンコK君

 

今は、こんなに仲良し💖

  • 2018.03.12 Monday
  • 21:01