キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

🐾ドンのビフォ―アフター🐾

我が家で石鹸企画をした時、多くの方に、ドンと会えなくて
残念と言っていただきました。

(ドンは超人見知りくぅの真似して逃げてしまい、
出てこないのです)

 

「ドンちゃんにいつも癒されています〜」
と言う方も何名もいて、

いつも一緒にいる私の方が、驚いたりもしました。

ドンを育ててくれた方たちから、ドンの「黒猫疑惑」&「タヌキ疑惑」も出て
大笑いしたこともあり、昔の写真見ていたら、
こりゃえらい違う!!とまた違う驚きもありました。

 

そんなこんなで、ドンのビフォ―アフター特集です。

 

ドンのこと知らない方のために、彼の略歴も記します。

ドンは、いわゆる保護猫です。「ねこのようちえん」の
山下理恵子さんに保護してもらい、今この世にいます。

 

あ正確には、保護してもらったのはドンのママ猫で、
当時お腹に、ドンたちが宿っていたのでした。

関東圏の、建築関係会社の敷地にいたと聞いています。社長が猫嫌いで、
その場にいられなくなり、伝手を辿って横浜にきました。

横浜に来て何日も経たないうち、ママ猫はドンと兄妹を産んだのでした。

山下さんと、お世話してくれる有志の方達のおかげで、
ドンたち兄妹、ママ猫全員、それぞれとても幸せになって…現在に至ります。

 

ドンは今オレ様気質ですが、こうしてみても、幼いころから、
そんな気質が滲み出ていますね。

 

ドンの特技 横入り タックル 通せんぼ 夜襲 ゴロンゴロン 

反則技 後ろからのモモンガ攻撃 嫌なことされるとガブガブする(私にだけ)

こんな可愛い青年です💖

我が家に来てもうすぐ2年。私達夫婦を笑わせ、癒し、
心躍らせてくれる、毛むくじゃらの猫息子です。

 

ドンのママがもし、愛護センターに連れていかれていたらと思うと、
ゾッとします。

ドンのママがもし、外で出産しドンが野良猫になっていたらと思うと、
悲しくなります。

 

でも外には、ドンのようになれなかった犬や猫たちがいっぱいいます。

センターでは、ドンのような犬や猫が、毎日不条理に命を奪われてもいます。

(殺処分をしない愛護センターは、まだごく一部です)

 

うちの猫たちはドンをのぞいて全員、外の猫たちです。
大人になってきた子も、今までたくさんいます。

 

大人になって来た猫は、最初から性格がわかっていますので、
対策がわかり一緒に暮らしてとても楽です。

また、苦労した分賢い子が多い。
そして、信頼し合った時の絆の深さと太さは、

ゆるぎないものがあります。

 

どうぞ、迎えるなら保護っ子たちという選択をしてください。

ドンの真っ黒い焦げたような、無邪気で偉そうなオレ様顔を見たら、

同じような子たちがたくさんいることを、思い出してください。

 

福島浪江で、犬や猫を保護しお世話を続けている

赤間徹さん応援石鹸企画は、次回5月12日(土)を予定しています。

次回はコラボ企画で、さらにパワーアップいたします。

 

告知は3月下旬予定です。乞うご期待!!

 

 

 

 

 

  • 2018.03.07 Wednesday
  • 21:01