キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

小さき者たちのシリーズ お風呂をのぞくエルちゃん(フエレットさん)の実例

昨年のクリスマス前のブログ(FBも同じ)記事、
可愛くておしゃまで、とっても賢いフエレット・エルちゃんを...
覚えている方も多いと思います。

 

ご存じない方は、こちらの記事を先に読まれると
より、エルちゃんの可愛さが沁みてきます。
http://kikinotable.jugem.jp/?eid=481
今日はその続編と言うか…
エルちゃんが、パパ・ママがお風呂に入っている時
添付写真のように、後ろ足二本で立ち上がって熱心に中を
のぞく、その答えがあまりにも可愛いいもので、
こうして、再登場してもらったのであります。
エルちゃんママのご質問は
「夫や自分がお風呂に入っていると、
必ずこうして(添付写真のように)外でずっと見ていたり
ちょっとのぞいては部屋に戻り、でも、また見にくるのです。
何をそんなに見ているの?」。
ちなみにエルちゃん自身は、3週間に1度くらいの頻度で
お風呂に入っているとのことです。
その際、大きな音を怖がるので、シャワーは使っていない
とのことでした。
エルちゃんのママIさんは、ご自分で、フエレットの愛護団体を
立ち上げている方なので、フエレットの生態や行動学も
熟知している方です。
そんなママでも疑問に思うこのお風呂の謎?は、ある意味
アニマルコミュニケーションの真骨頂といいますか、
アニマルコミュニケーションでしかわかり得ない
内容でもあります。
もう、本当に可愛い答えなんです〜💖
ということで、ご紹介します〜♬
まずは、お風呂が好きか嫌いか?から聞いてみました。
「ねえエルちゃん、お風呂のこと聞いていいかな?
好きか嫌いか教えて」
エルちゃん、「ふふふ」と笑って…
「私水遊びは好きだけれど、いわゆるお風呂
(お湯に完全に浸る、シャンプーされる)っていうのは
そんなに好きじゃないの。でもまあ、お湯に浸ってしまえば、
気持ちよくってウトウトしちゃうこともあるけど」
このあと、「臭い」に対して
人間が思う清潔さと、フエレットが思う清潔さの
違いを熱く語ったエルちゃん。今回、そこの部分は割愛して、
お風呂のことの発言のみ、ご紹介していきます。
「私ね、お風呂に入れられることを、ただただ嫌がったりする
おバカさんじゃないの。そこは、パパとママにちゃんと伝えて」
「わかりました伝えます。エルちゃん、そんなに好きとはいえない
お風呂、パパとママが入っている時、どうしてのぞいているか、
教えてくれる?」

 
この質問をすると、「初めて産まれた子供を初めてお風呂に
入れている夫婦の図」という言葉が浮かんでくる。
そして、いくつものたらいが用意され、何度も温度を測っている様子が観えてきた。
そして大きな声で、「大丈夫だから、大丈夫ー」っていう声が聞こえてくる。
この光景や声は、現実のものではなく、エルちゃんをお風呂に入れる時の、
Iさんご夫婦の様子だと伝わって来た。
つまり、毎回「初めて赤ちゃんをお風呂に入れる夫婦」のごとく、
エルちゃんを、それはそれは大事に、お風呂に入れているらしい。
(この観えてきたことは、セション時に事実と符合することを、
確認済みです)
ここで、添付写真のように、後ろ足で立ち上がって
お風呂をのぞくエルちゃんの姿が浮かんできた。
「私ね…パパとママが心配なの?」
「え、どんな風に心配なの?」
「だって私の時は、パパとママ2人がつきっきりで
大丈夫、大丈夫!って言いながら、お風呂に入れてくれるでしょう。
なのに、パパやママは1人で入るのよ。だから、私がこうやって番をして、
見守っているの。大丈夫って?って聞いたりしているし」
セッション時、この答えをエルちゃんから聞いた時
私はもう本当に可愛くて、思わずのけぞってしまいました。
動物も、私たち人間と同じ・・・いいえそれ以上、
愛情深くて細やかな感情を持っている。
そのことが少しでもお伝えできたら、エルちゃんもIさんも
喜んでくれると思います。
ああ、エルちゃんは前回クリスマス前の時、
パパの体調を気遣って心配していたのですが…
それが現実になったのです。
そのことも、とても驚きました。
 
エルちゃんのように、自然界で襲われやすい
小さな生きものたちは、特に、
エネルギーの微細な変化にも敏感なのだと感じています。
黄色いクッションに埋まっている写真は、
今日のエルちゃん。
今日この記事を書くのに合わせたように
昨日から、こうしてクッションに埋もれている
姿を見せ始めたそうです。
自分が可愛い〜ことを
よーく知っている顔ですね。
エルちゃん、本当に可愛いらしい
思いやりの心情を教えてくれて、どうもありがとう!
これからもお幸せに
  • 2017.02.20 Monday
  • 21:28