キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

猫の思う距離、人が願う距離…ココさんの実例

今回ご紹介する実例は

保護して迎えた猫との関係についてのご相談です。

 

猫のご相談の中で、ご相談件数も多い例と言ってもいいでしょう。
 

そのことをお伝えすると、私たちの悩みが皆さんの役に立つなら

と言って、ご紹介を快諾してくださったHさんに感謝しながら、

ご紹介していきます。
 

 

まず、猫さん自身のご紹介と、ご相談内容を記します。
 

 

名前はココさん、推定3〜4歳、サビ柄模様の猫さんです。

この柄は別名べっこう柄(亀のべっこうに似ていることから)

と言い、三毛猫同様、女の子しか出ないのです。

猫が初めての方よりも猫通が好む柄と言われ、私も大好きです。
 

 

Hさんも、ココさんが載っていた里親サイトで、

彼女に魅かれて挙手し、お家に迎え入れました。


それからかれこれ一年経ちましたが、ココさんと

一向に仲良くなれないというのが、Hさんのお悩みです。

 

元いた所はかなりの数の猫がいて、パッと見た時

ココさんは幸せそうには見えませんでした。

それもあって、余計、幸せにしてあげたい!

私たち家族に懐いてくれて、可愛がってあげたい!という

気持ちが強いとお見受けしました。
 

 

ところがココさんときたら、「ウーウー」唸ることこそあれ、

一向に可愛がらせてくれないというのです。

 

とうのココさんは、何を思っているのか?

ココさんの印象から記したいと思います。

 

************************************

猫らしい猫 自分の時間を大切にしている

自分の距離感がある 人間との距離感も自分独自のものがあって

その中に入って来られるのがあまり好きではない 騒がしいのは嫌

静かな時間を好む とても賢く 人や物事をよく観察している

*************************************

 

この印象だけで、なんとなくおわかりの方もいるかと思いますが…

実際、ココさんと話した内容をご紹介していきます。

 


コンタクトとってすぐ、ココさんは高い所に陣取る姿で登場しました。

これはあまり人に触られたくないことを伝えるため、
高い所にいるのだと
わかる。

目力があり、目で物を言うタイプの猫さんでもある。

 


私は少し離れた場所に留まって、話しかけてみた。

「ココさん、ママのHさんに伝えたいことありますか?」

 


すると、自分を好いてくれたことはとても感謝しているが、

もう少し、自分がどういう猫か見てほしいという気持ちが

伝わって来た。

「急に手を伸ばされたり、近寄ってこられたりされるのは

私はとても苦手なの。そっとしておいてほしいの・・・

でも、そう思ってくれないの」

 


「あなたと仲良くしたいのですって!仲良くするにはどうしたらいいかな?」

「ママが仲良くと思うことと、私が仲良くと思っていることが合ってないの」


そう言った後、ココさんが保護される前の生活を見せてくれた。

外にいるいわゆる野良猫で、人からたまにご飯を貰ったりしていた。

それくらいの距離感の付き合いの方が、自分には合っているのだと。

 


この結果をご報告した時、最初Hさんはビックリされていましたが、

すぐに思い当たることばかりだとおっしゃいました。

ただ、自分たちの考え方が、どう接したら気に入ってくれるか?

心を開いてくれるか?ばかりに向いていて…
接しないというか、そっとしておく

という発想がなかったと、気がつかれたのです。

 

ココさんの前にいた猫ちゃんが、とても人懐っこい猫さんだったようで

その経験からも、なんとか懐いてほしいと思っていたのです。

 


何日かして、Hさんからメールをいただきました。

「あれから前田さんに教えられた通り、まずココに

今までひっつこくしてしまったことを謝りました。

そうしたらココは、私たちでもわかるほど、

あきらかにほっとした顔をしました。

わかって良かったです、本当にありがとうございました」
 

今空前の猫ブームと言われています。

自然界では、大人になると独りで生きていくのが

猫本来の生き方でもあるわけです。

 

猫と暮らす楽しみ方は、たくさんあるということも

多くの方に、知っていただきたいと思います。
 

 

もちろん人が大好きで、犬に近いタイプの猫も

たくさんいますが、一緒の空間に居ることを

ただ、楽しむ。猫の方から来た時には、

そっと触らせてもらう!

 

そんな付き合い方も、また猫ならではの魅力です。
 

 

ちなみに我が家のくぅも、そんなタイプでありますが、
​夫のヒロちゃんから寵愛を受けています。

とうとう今では本妻まで登りつめ、本妻役を、立派に?務めております〜!

 

 

嫌がっているのにサンタにさせられている

くぅの写真もオマケで〜(^▽^;)

 

 

  • 2016.12.17 Saturday
  • 23:13