キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

本物(意識)を感じ取る練習

幾つか前の記事で、写真にはその人(写っている人間)
の感情や状態も転写
されているという記事を書いたら、
何人かの方から、セッションのご報告中に
質問がありました。
 

少し前に「ねこ瞑想」という本を書いたこともあって、
今日は、瞑想を続けるうえでも

大事な、呼吸を使って感じ取ることを記してみます。

 

アニマルコミュニケーンは遠隔でセッションを行うことが多いので、

写真はいつも使うことになります。

アニマルコミュニケーションを勉強していない方でも、
気長に練習していると
「写真から感じ取る」
ことに慣れてくるものです。


良いものとそうでないものを感じ取れるようになると、とても便利です。

 

ここでいう良いものとは、権威、技術的に優れている、
有名、高額など、世間一般で

評価の基準とされている、つまり物質的に優れていることではありません。

純粋、高潔、調和、慈愛などの意識があるか、ないかということです。

 

練習していると、誰でもできるようになりますので、色々応用がききます。

たとえば、ネットのサイトをみて、このサイト(サイトの作り手の意識)は良いか

否かとか、欲しいアクセサリー(特に石など)は
良い意識(人の良い意識は入っているか)良くないか…などもわかってきます。

 

いきなり人物にいくより、絵画をみて感じ取る方がやりやすいものです。

最初は徹底して、良いもの、良い波動が出ているもの(描いた人の意識が高い絵画)
を見てください。

 

やり方は、簡単です。呼吸を整え、楽な姿勢で座ります。

呼吸は意識と直結していると覚えてください。

気持ち良く息を吸えて、気持よく吐ききれる時は、良い意識(を見た、感じた)

時なのです。

 

最初に、深呼吸を何回かします。

その後、絵をじっと見ながら呼吸を続けます。

この時、吸う息、吐く息を、自分で注意深く観察してください。

どれくらい深く吸えるか、吐く息は澄んだ感じがするか…

吸った時、どこに響くか、どんな風に気持ちがいいか…

10回ほど呼吸をするうちに、その絵から発せられている

意識の影響が、ハッキリ感じ取れてきます。

 

ではどんな絵で練習するのか…

良い絵の代表として、日本人なら1度は目にしたことがある、

葛飾北斎をあげてみました。

葛飾北斎は、絵を見る限り、2度と3次元のこの世に帰ってくることは

ない(その必要はない)素晴らしい意識の人間だったのではないかと、
私は思っています。

 

添付した北斎のどの絵も良いものですが、中でも、
どの絵に入った意識が最高峰と思われるでしょうか…

答えは一番下に記しますので、答えを見ずに自分の感じるまま、深い呼吸をして

呼吸で感じ取ってみてください。

 

次に仏像からも、素晴らしい練習を…

 

以前もブログで書きましたが、素晴らしい仏像は、瞑想のお手本にも役立ちます。

私の一押しは、京都の広隆寺と奈良の中宮寺の弥勒菩薩です。

 

どちらも本当に素晴らしいですから、是非本物を見ていただきたいです。

広隆寺の菩薩は、瞑想の完成形「あるがまま」の境地です。

静謐で、たおやかで、どこにも力が入っていません。

 

たいして奈良の中宮寺の菩薩、私はハートチャクラ・アナハタにすごい振動を感じます。

愛と癒しですね。慈愛が胸いっぱいに広がって、涙が溢れてくる感じです。

一説には、彫ったのは女性の仏師ではないかと言われていますが、頷けます。

 

さて、北斎の絵に話を戻して…

北斎ブルーの絵や、赤富士の絵も素晴らしいですが、最高峰は亡くなる数カ月前に
書いたとされる4の絵富士越龍図、そしてそれ以上かと感じるのは、
一見不気味な感じがしますが、
3の最晩年の自画像ではないかと感じます。
 

富士越龍図は、調和、光悦、充足などが感じられ、神々しい感じがします。

自画像は、じっと集中していると、何者にも縛られない自由闊達な無上の喜び、
自由、解放を感じます。

 

良い絵や仏像をたくさん見た後は、たとえば、ヒトラーの描いた絵などを

見てみましょう。良い意識と悪しき意識の差を、誰でもハッキリ感じるはずです。

ヒトラーは中々絵が上手で、何も知らず技術的なことだけで見ていれば

わるくないのかもしれません。

でも、意識の呼吸で見ていくと、10秒もしないうちに頭が痺れたようになってきます。

敏感な方なら、迷路に入ってしまったような苦しさや圧迫感をおぼえるかもしれません。

(そういう方は、あまり長く見ていると、絵の意識の影響を受けますので、
早めに切り上げてください)

慣れてくると、2〜3秒で、時空が歪んだような気味の悪さを感じ、
吐き気がしてきます。

 

まずは、素晴らしい意識の入った絵や写真をたくさん見て、良い意識の影響を

自分の中に入れてみてください。

日本絵画なら、尾形光琳も豪快で突き抜けていて、大好きです。
身体中の全細胞が湧きたつ、振動するような絵画もあります。

 

今の世は、悪しきもの、悪しきサイトならすぐ目につく時代です。

つい最近あった、ジャパンライフの事件をおぼえている方も多いと思います。

総理大臣と仲が良いような宣伝文句で人を信用させ、健康器具に投資させた

サギ商法ですね。

見える世、物質世界でおこっていることは、見えない世界、精神世界でおこることと

同時進行と思っていいでしょう。

 

スピリチュアルの世界で、自分は神(女神)自分はイエスや釈迦と交信できる、

〇〇惑星からメッセージがというやからは、ジャパンライフ商法と一緒と

思って、ほぼ間違いありません。

(中には、本物の方もいるかもですが…)

でも本物は、そんな有名人や権威をつかう必要がありませんから…

 

こういう悪しきサイトも、呼吸で見ることを続けていると、

感じ取れるようになりますので、

是非、やってみてくださいー💖
 

長文お読みくださり、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2020.10.15 Thursday
  • 22:25


辰巳出版より好評発売中
『ねこ瞑想 毎日5分 ねこになる』 前田理子著
Amazonのページへ