キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

🐾ドンちゃん(チャー&くぅもいます)マスクと紙せっけん🐾

2週間くらい前、私道をはさんでお隣の奥さんが、
手作りマスクをしていました。

なんでも、お孫さんのBabyウェアを作ろうと思いつつ
そのままになっていたガーゼがあるわと思い出したのと、
ドラッグストアのマスク行列に並ぶのに疲れたからと…

でも(家族の)洗いかえを作るほどないし、マスクの紐も
どこにも売っていないとこぼすのでした。

 

私は家庭科5段階中の2(それもお情けで2(^^;)
ボタン付けもままならないのに、なぜかマスクの紐を10メートルくらい
ストックしているのです。
これは以前、手作りマスクを買ったり戴いたりした時、耳が痛くなったので、
耳が痛くならないゴムが欲しくてネットで購入したのでした。
10メートルも持っていたのは、その10メートルが、1単位で売られていたからです。

もいざ届いたら、なにせ不器用なもので、そのまま放置していたのでした。

布地だって、リサラーソンの端切れや、猫模様のガーゼハンカチもたくさん持っています。

(ハンカチとソックス、エコバッグ収集家なので)

そこで私が紐と生地を提供し、隣の奥さんが縫う係と、
トントン拍子に話がすすみました。

 

で、どうせだったら紐はこんなにたくさんあるし、ハンカチや端切れもたくさんあるから、
口コミで来た人に配ったら(無償です)という嬉しい話に発展したのです。

猫柄ガーゼマスクは通気性があるので快適だし、なんて言ってもこの可愛さ💖

気分がかなり上がります。

 

1週間ほどには、マスクから新たな展開が…

道端で同じマスクをつけている方に会って、声をかけられ御礼を言われたのです。

なにげに立ち話をしていたら、その方、お孫さん(小学校低学年女子)を預かっていて、

公園へ1日1回遊びに連れて行くと…で、手を消毒したいけれど今ないので、
ウエットティッシュを持っていっているが、それも品薄で困っていると。

 

そんな話を聞いている時、私、ひらめきました💡(正確には思い出しました)

昔、昔、その昔、小学校に紙せっけんを持っていくのが流行った時のことを!

ご存じの方もいるかと思いますが、私は自分で石鹸を作っているもので、早速家に帰って

作ってみました。

用意するのは、固形せっけんと、ピーラー(100均)
100均で売っている小分けの袋の3つです。
ピーラーで石鹸を好みの大きさに削り、1回分を小分けにすればできあがりです。

1回分の量は、小分けにした1パーツで充分泡立ちます。

日本は幸い、水に恵まれた国です。たいていの公園で、
水道栓は1か所ついているでしょう。

 

お分けした翌日、早速その方から電話があって、とても良かった!
孫も大喜びで、手洗いしてくれたと喜んでいました。

思いもよらぬところから生まれたこういう循環は、本当に嬉しいですね。

 

ところでマスクに話を戻して…

隣の奥さん、私には合計4枚マスクを作ってくれたのですが、
猫柄ガーゼハンカチマスクが2枚あったので、猫の柄もよく見ず、
2枚もいらないから誰かにあげてと言ったところ奥さんが、
「これは人にあげちゃダメ。よく見て―前田さん」と言うのです。

 

家に帰ってよく見た所、図柄の中から、我が家にいた猫たちをピックアップして、

マスクの良い位置に出してくれていました。

(キジ柄とサビ柄はなかったので、グレやキキはいないです)

ドン、チヤー、くぅもいて、一昨年亡くなったリリーもちゃんといました。

 

マスクの柄を見ながら、じんわり涙が溢れてきました。

人が頑張っていこうと思えるのは、こんな時ですね。

 

こんな時期だからこそ、

みなさまも、温かな時間を過ごせますように💖

 

 

 

 

 

  • 2020.04.09 Thursday
  • 20:30