キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

🐾心洗われる ミーシス新聞🐾

先週のチャリティ企画のご報告と11周年お祝を兼ねて、

保護猫cafe Miysisへ遊びに行ってきました。

 

そこで店長のあゆみさんに見せてもらったのが、「ミーシス新聞」。

A4サイズ、カラフルな色彩で両面に猫が描かれています。

 

こころちゃんという女の子(小学3〜4年生)が描いて、

Miysisに直接届けてくれたとのこと…

 

「理子さん、ちょっとこれ見て下さい」と言って、
あゆみさんが大事そうに差し出した
ミーシス新聞。
汚れないよう、ラミネート加工がしてあります。

渡してくれた時すでに、あゆみさんの目がウルウルしているように感じたのですが、

読んですぐに、その意味が分かりました。

 

猫に対する目線がすごくピュアで、優しいのです。それが、素直な線になって

個々の猫たちの絵にあふれています。

それと同時に驚くのは、観察の正確さとそれを伝える豊かな感性です。

 

例をあげて、少しご紹介します。

ミーシスに来て日の浅いたまこちゃん(緑の囲み枠)私たちが行った時も

常連のお客様の膝に埋もれるようにしていて、ほとんど動きませんでした。

まだ慣れていないのですね。

 

その慣れていない感じを、点線で(プルプルしている)表し、

「やっとケージからでてきたよ、びじんでかわいいからさわってみたいね♡」

と紹介しているのです。

猫それぞれの特徴や個性を、こんな風に、
優しい気持ちがこもった短い言葉で丁寧に
綴っています。

 

読みながら感じ入って、涙が溢れてきます。

心が洗われていく感じです。

 

世の中は、まだまだ不安と怖れと混乱が渦巻いています。

そんな今だからこそ、こころさんのミーシス新聞は、必見の価値があります。

 

新聞に「ミーシス新聞1」と記してありました。

続きを是非読みたいなぁと、楽しみにしています。

 

添付の写真は、猫好きなら誰もが虜になる「とら吉(茶トラ)」
と、「むー」ちゃんです。

猫のことを知らない人は、無表情等と思いがちですが、彼らはこんなに表情豊かなのです。

とら吉君やむーちゃんのことも、いかにも!という絵と文で紹介されていました。

 

「ねこと楽しいひとときを」のキャッチフレーズが素敵な

保護猫cafe Miysisはこちらです〜😻

 

心が洗われて、本当に大事なものがみえてきますよ💖

是非みなさん、本物のミーシス新聞を見に行ってください😻

(もちろん、猫のみんなも!)

https://www.cat-miysis.com/

 


とら吉君 (男子 保護時推定8歳)

 

むーちゃん(男子 保護時推定5歳)

  

  • 2020.03.24 Tuesday
  • 12:48