キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

ミニセッション、準備整いました

23日・24日に、新中野の保護猫カフェMigolareさんで開催予定の

ミニセッション、10件、全て準備が整いました。

一緒に連れて行く秋の石鹸たちも、包まれるのを待つばかり…

 

写真は、ハロウィンのパンプキン型キッチンソープです。

通常の石鹸をご購入の方に、1個プレゼントさせていただきます。

 

一部ユーズドオイルを使ったエコ型お皿洗い石鹸で、手に優しく、

泡立ちよく、水切れ抜群です。

私の母はこのキッチンソープが大好きで、自分の友達に配っては、

全く帰らない不肖の娘の、ささやかな宣伝にもつかっていました。

このパンプキン型の石鹸は、バナナと言って譲らず、
かぼちゃの石鹸を送ってほしいと、無理難題をいってきたものでした。

 

その母は、今私がやっていることを知ったなら、母も好きだった犬や猫のために、
少しは役立っていると知ったなら、きっと喜んでくれることでしょう。

 

 今年後半の、ミニセッションのスケジュールを記します。

 

10月21日 CafeOREO(横浜 センター南  満席)

11月12日 teteCafe(川崎大師)

11月26日 保護猫Cafeミーシス(横浜 センター南)

12月23日24日 アニマルライフ(千葉)

 

teteCafeさんとアニマルライフさんは、告知や募集もお任せですが、

ミーシスさんは、今月末に募集を開始します。

 

どうぶつたちの心は純粋で、感情は、私たち人間と同じように豊かで深いです。

 

そのことを、1人でも多くの方に実感していただけますように💖

 

 

  • 2017.09.21 Thursday
  • 00:36

関内ミーシスさんで、ナイト猫ヨガ& アニマルコミュニケーション開催🐾

「ハマ(横浜)の猫好きなら知っている店」と聞いたのが、

猫カフェミーシスさんを、最初に知ったきかけでした。
そんな風に言われて行きたかったのですが、中々行けずにいたある日、
「色んな猫カフェ行ったけど、3本の指に入ると思う。あそこのお店は!」
と、猫通の友人に勧められたのです。
そう聞いて猫の僕の私、行かないわけにはいきません。
元住吉に住む、古いお友達、猫の僕2を誘って、乗り込みましたー。
足に根が生え、入り浸ること2時間(…もっといたのかも)
評判通り、素敵な猫カフェさんでした。
嬉しいことに、その日に店長のNさんとお話しし、大学で講演した際
聞きにいらして下さり…うちのお店でも、セッションしてくださいと
言っていただき…嬉しくなり…でもなぜかそのまま、時は流れ…たのでした。
今年になってまたご縁ができ、訪問してその素晴らしさに、深く溜息!
広い店内(神奈川でも一番広い?)、お洒落な造り、そして何より
猫の居心地を最優先したレイアウトが、猫好きをうならせちゃうのであります!
この広い店内には猫ヨガだ!となぜか思った私は、友達の許可も得ないまま、
店長さんに勧めちゃいました。
すると、「えーー!!前田さん、なんでわかるの!最近スタッフがヨガ始めて、
家のお店でも猫ヨガやりたいですねって、そんな風に話してたんです!!」
ってことで、トントン拍子に話は進み、昨日、台風接近する中、
打ち合わせに行ってきました。
猫ヨガインストラクターは、日本ドッグヨガ普及協会のネコ部長、
池迫美香さんです。
美香さんといえば、「のび猫ストレッチ」の本を出版した、
猫通ヨガインストラクター。

私も彼女のヨガに参加しましたが、お人柄が滲み出た、

とっても優しい癒しの先導で、ヨガの世界へいざなってくれます。

 

11月3日(金曜日)にナイトヨガ

11月26日(日曜日)KIKIのテーブルのミニセッション.

 

秋の2大にゃんイベントが、決定しました。

詳細決まりましたら、また告知いたします。

 

秋も深まる季節…

お仕事帰りに、猫とヨガで癒され!!

愛猫の気持ちは、アニマルコミュニケーションで!!

 

ミーシスさんHPはこちらから

🐾Blogは毎日更新されていて、フアン多し🐾

https://www.cat-miysis.com/

 

 

  • 2017.09.18 Monday
  • 02:00

念願のレオナルド・ダ・ヴィンチ!

私は昔から絵を観るのが大好きで、もし時間があったなら、

1日中、美術館に入り浸っていられます。
観るのが好きといっても、私のことですから、
絵の技法等はまったくわかりません。時代背景とか、
どういう目的で書かれたとかにも、ほとんど興味がありません。
(聞いてもすぐに忘れてしまうもので)
 
観た瞬間に一瞬で惹きこまれる、一瞬で捉まってしまう絵というのがあって、
そういう絵の前に行くと、我を忘れて見入ってしまう。
そんな感じの、かなり乱暴な鑑賞です。

 
有名な画家でなくとも素晴らしい絵はたくさんありますが、
誰もが知る人の中で、最も惹かれるのが「レオナルド・ダ・ヴィンチ」です。
ずーっと彼の作品を観たいと恋い焦がれてきたのですが、
猫が内と外にいるのと、大の飛行機嫌いなのが災いして、実現できずにきました。

 
もうこのまま一生、「ダ・ヴィンチ」の作品を観れないのかと淋しく思っていましたが、
「レオナルド・ダ・ヴィンチ×ミケランジェロ展」として、やってきたではないですか!!
とにかく生の作品が観たくて、喜び勇んでいってきました。

トップバッターで迎えてくれたのは、「少女の頭部/岩窟の聖母の天使のための習作」と
いう素描です。

 
観た瞬間、期待通りに捉まってしまいました。
500年の時を経てもなお、生きている絵でした。
呼吸している絵でした。
小さな作品ですが、この絵が発している振動、
「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の意識の凄さを体感できます。

 
私が行ったのは、開催されてすぐの平日だったので、そう混んでいませんでした。
なので、息を飲んだまま立ち尽くし、しばし、その素晴らしさを堪能できました。
 
私と同じエネルギーに関連する仕事をしている方や、精神世界に興味のある方、
ご自分の意識をより高めたいと思っている方には、「レオナルド・ダ・ヴィンチ」
は、最高だと思います。
ここから先は、精神世界に精通する色んな方が、blog等で
発表してきた見解プラス、私の意見を混ぜて記します。
「最後の晩餐」…「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の
生命そのものが入ったような作品。
ある方は、全チャクラに対応し、この絵を観た瞬間、
自分のチャクラが振動するのがわかったと、記していました。
私はチャクラのことに詳しくないので、チャクラは全然揺れませんでしたが(^▽^;)、
疲れた時、この絵を無性に見たくなります。
「洗礼者ヨハネ」…「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の
最高傑作と称する方もいます。

 
私も、一番好きかもしれないです。
この絵を観ると、悦びが深い所から湧いてきて、ゾクゾクっと武者震いします。
身体やメンタルの調子が悪い方は、安易に観ない方がいいと、
どこかに記してありましたが、なるほど!と思いました、
確かに、この絵は強すぎるかもしれません。

 
「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の絵なら、本物でなくとも、
レプリカでもパソコン上でも、そのエッセンスはしっかり入っているそうです。

 
「レオナルド・ダ・ヴィンチ×ミケランジェロ展」は、来週の日曜日までです。
まだ行っていない方は、是非行かれてはいかがでしょうか!
 
あ、もう1つ面白いことがありました。
開催されている、三菱一号美術館は、細い通路が続き、ちょっとした
迷路のような造りが多いのですが…
その細い通路を進んでいくと、かなり早い段階から、私の耳に、
馬の足音が聞こえてきていました。パカパカという駆け抜けていく音だったり、
馬車のような車輪の音だったり…
どうしてかな?この時代は戦が多かったのかな?と、あまり深く考えないでいたのですが、
進んでいくうちに馬の素描がたくさん出てきました。

レオナルド・ダ・ヴィンチは、すごく馬が好きだったのですね。
ちなみに私が感じた彼の馬は、白でも栗毛でもなかったです。
とても逞しい馬で、今の馬を見慣れている私などは、
ちょっと怖いくらいの威圧感がありました。

 
レオナルド・ダ・ヴィンチの振動は相当強いので、私でなくとも、
敏感な方だったらなにか感じられると思います。

 
もうすっかり堪能して、マグカップとハンカチを購入しました。
我が家のお安い豆でも、「岩窟の聖母の天使のための習作カップ」で飲むと、
なんだか、格調高い味になるから不思議です。


 
  • 2017.09.16 Saturday
  • 23:04

| 1/191PAGES | >>