キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

🐾お店の名にもなっている偉大な看板犬OREO君がいなくなったことを、どう思っているのか?(OREOチップスター君 元保護犬9歳男子)実例🐾

今、こうして実例を読んでくださっているあなたが、
いつも笑顔を絶やさず、人から頼まれたら嫌とは言わない人だとします。

いわゆる、優しく温和な人ということです。
そして幼少期、いらない存在とされ、

長い間一部屋に隔離されて育ったトラウマを、
心の奥深くにもっているとします。

(実際は、子供がアレルギーということで隔離されていた。
保護団体を経て、OREOさんの家族になったチップスター君)

 

そんな自分の里親になってくれたお家は、素敵なCafeをやっていて、
同じ性別・同じ出身(ここでは犬種)の仲間が2人(合計3人)いるのでした。

仲間のTOPのOREO男子はとても立派なのですが、自分とタイプがあまりに違うことや、
お客さま受けなど色んな要素がからみあって、仲が良いとは言えないこともありました。

どちらかというと、2対1になってしまう感じでしょうか。

隔離された淋しさから解放され、とても幸せにはなったけれど、違う人間関係の悩みが

でてきたという感じですね。

 

その悩みの主だったOREO君が、旅立ちました。後に残ったのは、
OREO君の弟分(ご機嫌とるのも上手出そう)で
マイペースな男子リッツ君と、自分です。

 

こんな時、私たち人間なら胸に何を思い描くでしょうか?

思いそうなことを記してみます。

 

*目の上のたんこぶがいなくなって、ああ、せいせいしたー!

*うるさい奴がいなくなって、これからは自由だ!

*これからは、僕の時代だー!

 

いくら温和で回りに気を遣うタイプの優しい人でも、内心は、
これくらい思って不思議はありません。

でもどうぶつたちの心は、いつも愛しかなくてフラットで、
どこまでいっても飼い主さん思い…と、いつも記していることですが、今
回もまたそれを証明してくれる実例となりました。

 

この実例は、前回OREOさんで開催したミニセッション(9月)で、
チップスター君が話してくれたことです。

オーナー姉妹2人が心配していたのは、「OREOがいなくなって、
お店に来ることも増えたけれど、なにか不安なことある?」と、いうものでした。

 

「不安はない?」と聞いたのは、フレンチブルドック特有の前庭疾患の
症状があるチップスター君。ここのところ体調がすぐれないこともあったので、
お店出勤の回数が増えたことで、幼少期のトラウマや優しい性格から、
ついつい無理をしているのではないか?
自信がなくなったりしていないか(不安はない?)
なにか、言いたいことはないか、聞いてあげたいと言うのでした。
(ついでに、今までのOREO君の愚痴とかも)

 

チップスター君とはミニセッション開催の度、お店で会っていますし、
セッションも2回目です。

 

なので、「OREO君がいなくなってから、どうですか?」と、
ストレートに聞いてみたところ、先ほどの予想とは
まったく違う気持ちが返って来たのです。

 

「OREOは偉大な犬だったなーって思うよ。いる時は男ばかり3人で
微妙な力関係や緊張が合って、そりゃあ大変な時もあったけれどね。
でもいなくなってみたら、大きな柱を外されたみたいで、
僕もリッツも、いないことに慣れるまで不安になったもの」

 

「どんな風に不安だったの?」

 

「今まで何かあれば、僕たちはチラッとOREOの顔を見て、
アイツの考えに対して、自分はどうしていくのか?を、決めればよかったんだ。
でもOREOがいなくなって、何もない所から、自分でどうしていくか決めなきゃならない。
それって、難しいことなんだね。特に僕は、どうしても他の者に合わせたり、
妙に気を遣ったり我慢したりしてしまうところがあるからね」

 

どうぶつの考えは、いつも私の予想を超えていて驚くものですが、この時もそうでした。

チップスター君は、良い思いばかりじゃなかったOREO君のことを讃えこそすれ、一
言も悪く言わなかったのです。

 

続けて、お店に来る回数が増えたことを聞いた時も、リッツ君への配慮がありました。

 

「お店に来る回数が増えたことは、どう?」

ニコニコして、「えー、うん…うん(大丈夫)」

 

「出勤回数多くて、疲れたりしない?」

またニコニコして、「えー、うん…みんなにチップ💖
言ってもらうのは、すごく嬉しいよ」

 

「そうか、君はいつも優しいですね…でも、なんか今のペースじ
ゃ疲れちゃうんじゃないかって。出勤回数、減らしてもいいよって」

 

ここで初めて、大きな目をさらに見開き、驚いた顔になったチップスター君。

 

「ええーー!!(僕が行かないってことは、リッツが看板犬)でもリッツじゃ、
気分がすぐ顔に出ちゃうから、勤まらないんじゃないのー!
それにマイペースこの上なくて、なにか美味しいもの貰う時以外、
起きてなんかいられない、夢ん中だよ」

 

私がミニセッションでお店に行く時、1回しかリッツ君に会ったことがありません。

その時は、ちゃんと起きていたのですが、オーナーさんに確認したところ、
大笑いの大うけで、全く、チップの言う通りとのことでした。

 

それからチップスター君は、質問にはなかったお引越しした今のお家が、
すごく気に入っていることや、自分とタイプが似ている妹さんのことを
心配していると聞かせてくれました。

 

ひとくちに同じ犬種といっても、人間同様、動物にも顔の相があります。

チップスター君は、添付写真の通り、癒しが形になったらこういう顔だろうな…

そんなお顔をしています。

 

これからも無理せず、その存在で人の心を温かくしてくださいね💖

 

OREOさんミニセッション次回は、12月21日です。

お問合せ、ご予約はこちらから

http://kikinotable.com/?page_id=38

 

チップスター君の前回ミニセッション 実例はこちらから

http://kikinotable.jugem.jp/?eid=543

 

OREOさんのHPはこちらから

http://cafe-oreo.com/menu/

フレンチトースト 生パスタ キッシュが

とても美味しいです💖

 

 

  • 2019.11.12 Tuesday
  • 20:21

第11回KIKIのテーブル×CafeOREO ミニセッションのお知らせ

日時 2019 12月21日(土) 

12:00〜17:00


横浜市都筑区のセンター南駅から5分の素敵な

CafeOREOさんで、第11回アニマルコミュニケーション
ミニセッションを開催いたします。

 

☆アニマルコミュニケーションについて☆

動物は、「話ができない」ので

はありません。私たち人間と「共通の言語を持っていない」だけ。

特殊な技法で動物たちの意識にアクセスし、

彼らの心の声を飼い主さんにお伝えするのが、

「アニマルコミュニケーション」です

 

☆丁寧なセッションをするため、完全予約制をとっています☆

ご予約いただいた方は、事前に対象の動物とコンタクトを取って

当日のセッションに臨みますので、フルセッションと変わらない、

深くて濃い内容をご提供しています。

 

☆セッション代金 お時間☆

¥5000 / 30分

ご質問は2問までとなります。

ご質問の種類と内容によっては、時間超過になる場合もございます。

(10分延長¥1000)

OREOさんでは、セッション時ワンドリンク以上のご注文を

お願いいたします。

 

☆アニマルコミュニケーションが初めての方は

KIKIのテーブルHPをご覧下さいませ☆

http://kikinotable.com/

 

 ☆KIKIのテーブルセッション 実例集はこちらから☆

http://kikinotable.com/?page_id=83

 

☆過去のミニセッション実例はこちらから☆

OREOさん 看板犬チップスター君の実例

http://kikinotable.jugem.jp/?eid=543

 

☆限りある時間について話してくれたシビック君の実例

http://kikinotable.jugem.jp/?eid=681

 

☆2017年10月にOREOさんで行ったレオン君&リンゴさんの実例

http://kikinotable.jugem.jp/?eid=638

 

セッション後の嬉しい変化&感想

http://kikinotable.jugem.jp/?month=201712

 

 アニマルコミュニケーションで、動物の深くて豊かな心を、

通訳いたします。

彼らのメッセージは、どんな時でも愛と思いやりに

満ちているものですから、ハートをオープンにし、

安心してお申込みくださいませ。

 

☆お問合せ・お申込みはこちらから☆

「OREO 12月ミニセッション」の件名で

お名前・携帯番号を必ず明記の上、お願いいたします。

ご参加希望多数の場合は、新規の方が優先となります。

http://kikinotable.com/?page_id=38

 

※お客様のメール設定状況により、当方からのメールを

受信できないことがあります。

お問合せから24時間以上経過しても連絡がない場合は、

メール受信箱の迷惑メールやゴミ箱、メールアドレスの

スペル違い等をご確認くださいませ。

 

お越しいただきました皆様と、温かな時間を共有できますこと、

楽しみにしております 。

 

 

  • 2019.11.10 Sunday
  • 11:26

🐾保護子猫🐾

昨日の続き、保護子猫のお話しです。

 

昨日チラッと見かけた(見失った)子猫は、

その後音沙汰ありません。

保護の達人に教えてもらったよう、今日一日、
猫の鳴き声出して近所を探しました。

家にいても、セッション中以外は全身耳にして、
雀のチュンチュンにも反応して飛び出して

行きましたが…子猫の気配はありません。

 

チラッと姿を見たので、助けてあげたいものですが、
この辺で、猫のご飯場所は

私があげている場所以外ないはずなので、探しようがありません。

私のご飯場所は、新入り大人猫も何頭か来ているので、そういう大人猫に

「あそこに行けば、ご飯にありつけるよ」と聞いて、

子猫がご飯場所にきてくれれば、いいのだけれど…

 

さて、昨日保護したチビ子は、半端ないゴロゴロ子猫です。

一日で、すっかり慣れてくれました。

 

昨日は、排泄しないので心配していましたが、

今日になってたくさんしてくれました。

トイレの使い方もとても上手なお嬢さん。

ご飯もモリモリ、なんでもよく食べます。

 

ケージから出して抱くと、体温を感じる首にすり寄って来て、

豪快に、実に嬉しそうに、喉を鳴らします。

お母さん猫の、温かい体温を思い出すのですね。

800グラムの小さな身体で、都会の厳しい世に出され、

頑張って来たのだと思うと、なんだか泣けてきそうになりました。

 

久しぶりの子猫に、癒されて時間を忘れそうなくらいです。

どうぶつの赤ちゃんはなんでも好きだけれど、

やっぱり子猫は、この世で最高に可愛い生きものですね〜💖

 

お鼻の下に黒いぶち模様があるので、仮名はぶちにしようと思いましたが、

我が家は男子なら「チビ」、女子は「チビ子」なので、
やはりチビ子にしておきます。

下手に違う名前をつけてしまうと、感情の流出の歯止めがきかなくなって、

手元に残したくなるから。

 

カイロ入りのベッドで無防備に眠る姿に超絶癒されて、
ついちょこちょこのぞきにいってしまいます。

もう怖い思いや腹ペコもないから、安心して、おやすみね💖

 

 

 

 

 

  • 2019.11.08 Friday
  • 23:47

| 1/315PAGES | >>