キキのテーブルのブログ「4×6 -4つの目、6本の足-」

今後のミニセッション予定など

明日は関内のCat Cafe Miysisで、ミニセッションです。

 

ミニセッション用に準備した猫型石鹸を包み終え、

こうして書いています。

ナッツオイルの中でも取り分けお気に入りの、ヘーゼルナッツオイルに

シルクパウダーをたっぷり投入。私の石鹸には欠かせない、バター類もたっぷり!

という贅沢な石鹸。洗顔用に特にお勧めです💖

色白ではない私も(なんだか苦しまぎれの言い方)

一段、肌色が明るく感じるくらいです!

 

明日のミニセッションは、最大枠の8枠。

涙あり、笑いあり、猫特有の感覚からくる回答ありと…

通訳の私も、毎回泣いたり爆笑したりの連続です。

涙のセッションの方は特に、この優しい石鹸の泡洗顔が有効ですよ〜💖

 

さて、北国育ちの私には厳しい夏がやってきました!

今後のミニセッション予定です。

 

7月は、通常の募集はお休みとなります。

でも某所にお招きいただき、ひっそり豪華に開催予定です。

 

8月は12日(日)センター南OREOさんで、開催予定です。

(告知は、6月下旬に開始いたします)

 

昨日、1人暮らし最後の記念に、どこかで外食したいなーと思い立ち、

どこに行こうか考えていたら、OREOさんが浮かんできました。

いつもセッションで忙しく、ゆっくり食べたことがなかった

生パスタを食べたくなったのです。

看板犬のチップスター君たちや、お客様の可愛い犬に会えるかもという下心も満載で、

雨の中、イソイソ行ってきました。

 

チップスター君はお休みで、すごくがっかりしてシュンとしていたら、

こんな素敵なワン君を発見!!

9か月のイケワンM君です。私はこういうMix犬に、とにかくとにかく弱いのです💖

シェパード系に、テリアの感じが鼻や口の回りに出ていて、どこかダックスも入っていそう!

Mix犬って実は、世界でたった1頭のオリジナルDogなんですよね。

いやぁ〜、すごく良い子で、雰囲気のある犬でした。

ヨーロッパの絵葉書とかに出てきそうな感じです。

 

M君、来週トライアルに行くそうです。その前に、レインコートを買ってもらって、

シャンプーもすませてきたとかで…その帰りに、OREOさんに寄ったそうです。

過去に怖い思いをいっぱいしたそうで、自分にまだちょっと自信がない感じでした。

でも預かりの方がすごく素晴らしい方で、その方のおかげで、

人間に対する信頼が出てきたと…そんな風に伝わってきました。

 

聞けば、とてもぴったりしたお宅にトライアルへ行くそうです。

「幸せになってほしいー、絶対なれるよ、カッコいいな、自信もって💖

と、また鼻の下を伸ばして、たくさん撫ぜさせてもらいました。

 

写真では目が光っちゃって残念でしたが、とっても綺麗な目をした子でした。

こんな澄んだ瞳で見られると、こちらの心も洗い清められるような気がします。

 

帰る道すがら、M君が正式に譲渡となって…いつかOREOさんのミニセッションに

申し込んでくれて…さらに幸せになっているM君とOREOさんで再会💖

いう妄想がふくらんで、うっとり💕💕

気がついたら、電車を乗り越してしまいました〜!

 

帰宅ラッシュで混雑した横浜駅から戻って我が家に着いたら、20時回っていて…

お腹空かせた我が家の猫たちから大ブーイング(^^;)

 

私らしい、1人暮らし最後の思い出となりました。

 

 

 

M君、幸せになってねーー💕

 

  • 2018.06.16 Saturday
  • 13:07

🐾おじいちゃんとシーズーの会話🐾 アニマルコミュニケーションが必要と思う時!

スポーツジムを辞めてから、週に2回ほど

一万歩目指して歩いています。

今日は、そんなウオーキング中にすれ違った

シーズーとおじいちゃんのお話しです。

 

私の住む町から小高い山を越えていくと、
開発が盛んな
古い町に出ます。

 

取り壊して更地になった土地や、代替わりした病院の取り壊し、

地元の不動産屋さんがあった所に建設中の、大手外食チェーン―
そんな一角を、
通りかかった時です。

 

人はある程度の年齢を越えると、男女の区別がつきにくい顔になってきます。

そんな顔になったおじいちゃん(ズボンを履いていたので、男性かなと)

が、小柄なシーズーを抱っこして、散歩していました。

散歩といっても、そのおじいちゃんはすり足みたいな感じでしか歩けないようで、
2〜3歩行ってはそのシーズーを下ろし、何やら1人で、ブツブツ呟いています。

シーズーは添付した写真によく似た、可愛い顔した男子とお見受けしました。

写真のシーズーは若そうですが、実際は、飼い主のおじいちゃんと同年齢のようです。
模様の境目は曖昧になり、関節が固そうで、毛も勢いがありません。

でも気持ちはとてもしっかりしている子で、おじいちゃんが下ろして何かブツブツ呟くと、
2本足で立ち上がり、前足でズボンの裾をかいています。
そして、「ワンワン」と、元気よく吠えるのです。

 

すれ違った時に視線が合ったおじいちゃんの目が、晩年認知症になった時の、
母と似ていました。

所在なげで、心ここにあらずの目です。

 

私はちょっと心配になったもので、足を止め振り返りました。

するとおじいちゃんは、こう言っていました。

(不明瞭だったので、正確には聞き取れなかったけれど)

「ここは、杉本さんちだね。あれ、どうしたかね、あの息子は…
挨拶もしないで越していって、こんなにしちまって(取り壊して)はてさて、
どうしたものだか…あれ、ここは病院だったかね、いや違うな」

するとシーズーが、すかさずワンワン吠えます。

私はおじいちゃんの言うことに集中していたもので、
そのまま、シーズーの言うことも聞こえてきました。

「おじいちゃん、ここは病院だよ!おばあちゃんと、よくここに来たよね。
病院だよ、病院だよ」

シーズーの顔を見たら、丸い目をさらに丸くして、必死に訴えています。
その目に焦点が合ったら、涙が出そうになりました。

その子の健気な気持ちが伝わってきたからです。病気のことは聞かされていないようで、
でも家族の中で、おじいちゃんに対する扱いが変ってきたことを、このシーズーは、
淋しく思っているのです。そこで、必死で正しいことを訴えています。
思い出してくれれば、昔の立派な自慢のおじいちゃんに戻ってくれると、
信じている。そう、伝わってきました。

 

おじいちゃんの足元がおぼつかないのでなんだか気になって、
私は見守るような形になって、目で追い見ていました。

すると、小道の奥の家の勝手口が半分くらい開いていて、おじいちゃんに
よく似た顔の女の人が、立っていました。

おじいちゃんは相変わらずすり足で、2〜3歩歩くとシーズーを下ろし、
目の前の家を、まるで遺跡でも眺めるような顔で見上げています。

するとシーズー君が、また必死で吠えています。

 

あまりに吠えるもので、とうとうその女の人が出て来てその子を小脇に抱え、
おじいちゃんの手を引いて、帰って行きました。

その時、シーズー君はこう言われていました。

「もう、ロンは、うるさいんだから。待ってあげてって言ってるのにね、
おバカちゃんだわー」

その女性の口調から悪意はなにも感じませんでした。
むしろ、このシーズーを
可愛がっているのが、よくわかりました。

 

でも、このシーズー君の気持ちを知っていたなら、こう言ってあげられたのに…

「おじいちゃんに付き合ってくれて、一生懸命教えてくれてありがとうね。
おじいちゃんは病気だから、今は仕方ないけれど、
ロンのおかげで、きっと思い出してくれるよ」

 

街角でこんな光景を見るたびに、つくづく思います。

「どうぶつたちは、偉いなぁ」と。

 

  • 2018.06.13 Wednesday
  • 22:55

夏休みの終わり…

5月から、拙宅でのイベントが続いていました。

築30年、猫の爪痕だらけのボロ屋にお客様を招くなんて、

思ってもいなかったことでした。

でも思いきってやってみたら、さまざまな経験をさせていただき、

とても楽しい日々でした。

 

その楽しい日々も、間もなく終了することとあいなりました。

小学生のころ、夏休みになった途端、これからずっと学校に行かないのが

淋しくも不安でもあって…でも、すぐに楽しくなったものです。

 そして、あと数日で学校が始まると思った時の、なんとも言えない名残惜しさ。

その時の心境に、今なっています。

「15日に札幌を出発、17日の夜横浜に着く」
というメールが、ヒロちゃんから来たからです。

そのメールを開いた瞬間の率直な気持ちは、
読んでくださってる方の、ご想像にお任せいたします。

 

さて、先月のイベントで作った石鹸の解禁日(使えるようになる日)
が、そろそろですね。

お作りいただいた皆様の石鹸は、つつがなく熟成し、
世界でたった一つのオリジナル石鹸となっていることでしょう。

解禁後は、ワックスペーパーのように、水分は通して油分は通さない紙で包み、
冷暗所(冷蔵庫は不可)に置いてあげてください。

できれば乾燥材を入れて保管すると良いでしょう。

寝かせれば寝かせるほど、香りは飛んでしまいますが、
泡立ちは柔らかく優しくなっていきます。

写真のように、波型の包丁で切っても可愛いですよ💖

 

昨日はお試しの猫の瞑想会でした。またまた千春さんの絶品タイ料理を、
参加者のみなさんに振る舞っていただきました。

その名も「カノム―チンカオナーム」、素麺を使ったタイの味です。

昨日は暑かったので、最適なチョイスでした。

それにしても、素麺と、パイナップル、干しエビ、青シソ、生姜、ココナッツオイル、
ナンプラー
etc…で、なんでこんなに美味しくなるのだろうっていうくらい、
絶品のお料理でした。

「あまり好きでない物が入っていたのに、今日は美味しく食べられた」
という方もいて、納得です。

お料理って、色んな素材が合わさると絶妙の味になるのですね…

普段単純な料理しか作っていない私には、毎回驚きの世界です。

 

そして肝心の瞑想会の方は、感想も少しずついただいていて…

「なるほど!なるほど!」と、拝読しています。

こちらは改善の余地が大いにありで、そういう点も、
みえてきた感じがしています。

 

皆様の感想が揃った時点で、また意見を出し合って、
もっと良い企画にしていきたいなあと思っています。

引き続き、忌憚のないご意見をお寄せくださいませ。

 

今後我が家でなにか開催できることは減るとは思いますが、
唯一駅から近くてわかりやすいという利点があります。

 

折をみて、またなにか企画したいなと思っています。

来てくださった皆様に、感謝をこめて!

 

 

 

 

  • 2018.06.11 Monday
  • 02:12

| 1/234PAGES | >>